ベッカム、強迫性障害を持っていることを告白
イングランド主将のデイビッド・ベッカムが強迫性障害を持っていることをTVインタビューで告白した。
「全てのものが真っ直ぐ並んでいたり、一対になっていないとダメなんです。冷蔵庫にペプシが入り過ぎていたら、戸棚に入れるようにするんです。ホテルに着いても、まず、部屋にあるパンフレットや本は全て引き出しに隠さないといけないんです。完璧じゃないとだめなんです。」
インディペンデント紙によると、完璧症を止めたいと思うが、「自分では止められなかった」という。レアルマドリッドのチームメートは彼の強迫性障害について気付いていないが、前所属のマンチェスター・ユナイテッドのチームメートはわざとホテルの部屋にあるものを移動して彼を怒らせていたという.
Beckham reveals he has OCD


最近立ち読みした芸能誌でも、『デイビッドは子供が遊んだものを全て見えないところに片付けさせ、部屋にちょっとでも何かが出ていると、ビクトリアにものすごく叱りつけるから、ビクトリアはものすごくストレスが溜まっている』っていうのがありましたが、これは、家族全員にストレスが溜まるかも。

ポール・マケナ(Paul Mckenna)に個人的に頼んでみるのなんていいかもしれません。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-04-05 12:04 |  L芸能
<< グランドナショナル2006 タイムトラベルができたら会いた... >>