高齢出産が急増するイギリス
イギリスでは、50歳以上の女性が出産するケースが急増している。

先日も63歳の女性が妊娠しているとの発表があったばかりだが、国民健康保険制度(NHS)では40歳以上の女性は体外受精の治療対象から外れるため、プライベートとして治療を受ける他に、海外での治療をする女性も増えている。

イギリス国内での体外授精を受けた女性の数1992年と2002年を比べると、体外受精による出産は3倍に増加。
治療を受けた数だけを比べても、40代前半の女性の数は92年に比べ5倍増、40代後半の女性で4倍、50代では32倍も増加している。

長い間、体外受精の順番待ちをしているために治療を受ける年齢が上がるという理由もあるが、子供は遅く産むというのがこのところのイギリスの流行だという。
More babies born to women over 50

気持ちは分かるけれど、高齢出産は余程自分の身体に自信がないとできないんじゃないかなと思います。母体が心配ですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-05-08 23:28 | 英国ニュース
<< イギリスの子供、男女どちらがネ... 巨大人形劇、サルタンの象 Th... >>