イギリスの子供、男女どちらがネットをする?
女子は男子に比べて携帯電話の所持率、インターネットの使用、ラジオを聞いたり新聞や雑誌を読む率が高いというメディア習慣の調査結果が、英、メディア・ウォッチドッグのオフコムOfcomから発表された。
この調査は英国に住む8歳から15歳の子供を対象にを行ったもので、

・12歳から15歳の女子の87%が携帯電話を持っているのに対し、男子が持っているのは77%。
・12歳から15歳の女子の63%がインターネットを使うのに対し、男子は54%。
・多くの子供は大人の安全面での監視がないところでインターネットを使用していると回答。
・8歳から15歳の6人に一人がネット上で好ましくないものを見た経験があり、わずか半数の親が子供が使うコンピュータに好ましくないサイトへのアクセス制限をしている。
・女子の49%が定期的に新聞や雑誌を読むのに対し、男子は36%
・しかし、ゲームに関しては男子が優勢で、66%の男子がPCやゲーム機で遊ぶのに対し女子が遊ぶのは51%だった。
Girls more likely to use gadgets


うちはアクセス制限していないですね。
さすがに、e-bayを見るとか、メッセンジャーをDLするとか言い始めたので慌てた時もありましたが(それもつい最近)アクセス制限するよりも、自分で試行錯誤をしながら経験値を積んで欲しいわけで。e-bay見てもいいんですよ。買わなければ。
(確か年齢制限があったと思うから買えないはず)
[PR]
by lisalisa9 | 2006-05-10 23:38 |  LOdds
<< 盗難のFAカップチケット再発行はせず 高齢出産が急増するイギリス >>