8歳で腱鞘炎
携帯電話のテキストの使いすぎは反復性のストレス障害(RSI)を起こす可能性があるとして専門家は注意を呼びかけている。

ランカシャー州に住む8歳のイザベル・テイラーちゃんは一日に約30通テキストを送っていたが、2,3ヶ月前から指と手首に痛みを感じるようになったという。

イザベルちゃんを診察した医師によると、彼女以外にもRSIと診断した子供がいたという。

RSI danger from excessive texting


イギリスではよくgrowing painといって、子供が成長する時、特に背が伸びる時に体が痛くなるというんですね。
ま、自分は痛かったことはないので、イマイチ眉唾ものだと思っているのですが。

反復性のストレス障害なのに『成長痛』と放って置く親ってのも考えものですし、イザベルちゃんは6歳の時から携帯を持っていたそうで、何でも与えすぎって気もします。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-06-12 15:42 |  LOdds
<< マーガレット王女の豪華遺品、競売へ コンジェスチョン・チャージ、8... >>