番犬がエルビスのテディ・ベアの頭を噛みちぎる
a0005086_16282898.jpgバースから20マイルほどのところにあるアトラクション、ウーキーホールケイブスで行われているテディベア展で展示室を警備していたドーベルマンのバーニーが突然エルビスのテディの頭を噛み千切り、その後狂ったように次々と展示室内のテディを襲った。

エルビス・プレスリーが所持していたテディベア、マーベルは1909年のシュタイフ社製のレア物で被害額は4万ポンド(800万円)相当に当たる。

他のテディは、少しだけ噛み千切ったものもあるが、頭部と手足が散らばり中身も散乱した 大虐殺状態のものも多く、被害額はエルビスのテディの他にも2万ポンド(400万円)に上がるという。

当日警備に当たっていたグレッグ・ウェストさんは、「何がバーニーを狂わせたのか見当がつきません。マーベルに何か特別な匂いがついていたか、襲う直前に『マーベルはかわいいねえ』といってテディの頭をなでたのでバーニーが嫉妬を起こしたのかもしれません。」と語った。

バーニーの今後については今のところ不明だという。

Dog destroys £40,000 Elvis teddy


写真のバーニー君、カメラ目線どころかテディに目が行っちゃってますよ。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-04 17:00 |  LOdds
<< 美しい人は女児を生む 北極の氷で作ったビール >>