小児脳腫瘍の原因はサウナや電気毛布だった
脳腫瘍を患った子供の父親の多くが、サウナや電気毛布を使って長時間高温状態にいたことが米フィラデルフィアの小児科医によってAmerican Journal of Epidemiologyに発表された。

高温の状態に長くいると精子が損傷したり少なくなる事は既に知られているが、今回の調査では受胎する時期に高温にさらされた男性の子供に脳腫瘍が多く見られたという。
母親の高温への影響は見られなかったという。
Children of 'hot' men risk cancer


高温と言ってもそれ程高い温度でなくてもなるということですね。そう考えると長時間コタツに入っているのも悪そうです。

セレブシェフのゴードン・ラムジーも高熱の厨房で長時間働いているために無精子症だそうです。彼は、全てのシェフは男性機能の検査を受けるべきだと提唱していますね。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-09 15:13 | 英国ニュース
<< 英・航空機爆破計画に伴う手荷物... グーグルデスクトップを入れてみた >>