結婚経験がないと若く死ぬ?
カリフォルニア大学が1989年から1997年にかけて6万7千人のアメリカ人を調査したところ、未婚者は結婚経験がある人よりも若く死ぬことが分かった。
特に19歳から44歳の男性では未婚男性の死亡率が2倍だった。

89年の調査では、
・結婚経験がない人の死亡率は既婚者と比べ 58%増
・死別者は 40%増
・離婚や別居者は27%増だった

独身男性は既婚者に比べわずかながら喫煙者が多いものの、肥満が少なく運動も多く行い、飲酒する人が少なかった。死亡原因は世代によって違うが、それにもかかわらず未婚の男性の死亡率が高かったのは社会的に孤立しやすいためにサポートの輪からすり抜けてしまう可能性が高いからだという。

結婚経験がない男性の死亡原因にはHIVなどの感染症が多く見られたという。


独身男性の死因にHIVが多いってのはアメリカだからかしら、とも思いますが。
仲のいいご老人夫婦が手をつないで散歩をする姿を見ると、はぁ~素敵だなあとため息をつきます。こういう関係だから長生きするんだな。

独身といえば、知人にすごくモテた人がいて(ぁ、過去形にしちゃったよ)若い頃に遊んでしまったので全く結婚する気がないよ、という人がいます。
そういえば、今考えると私の叔父もこのパターンだったんだな。
女性の場合はまた違うんだろうな。体内時計が刻々と時を刻んでいるわけだし。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-13 20:43 |  LOdds
<< 英・航空機爆破計画に伴う手荷物... ろくにコンドームを使えない若者達 >>