ルイス・キャロルの生誕地
不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫
作者のルイス・キャロルはチェシャー州のデアズベリーに生まれました。
(Deresbury, Cheshire)
彼は、オックスフォードのクライストチャーチ校で数学を教えていたのは有名だけど、生まれたところについてはあまり知られていないんですね。

ゆかりの地だから何かないかなあ、と思い仕事の帰りにふらっと立ち寄ってみました。
が…本当に何もない…
家が5軒ほどとパブが一軒。そして、教会が。
生い茂った草に隠れるようにして立っている看板にかろうじて、ルイスキャロル・メモリアルウィンドウの文字を発見!!
a0005086_183226.jpg

入り口に真っ青の巨大看板があって、そこにはルイスキャロルの生誕地って書いてありました。(趣味悪すぎ。写真が使えなかった!)
でもまさか、教会の中で生まれたわけじゃないだろうし…?
中へは入れなかったので、どれがメモリアルウィンドウなのか分からない。残念。
時間がある方は中に入ってみてくださいね。
最寄の大きな駅はRuncornと Warrington。車で10分位かな。
Chester からは高速で、Liverpoolからは一般道でそれぞれ30分くらいの所にあります。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-20 18:33 | 写真・風景
<< イギリスの学校で必ず学ぶ絵本 罰金が来た! >>