高IQの子供は、ベジタリアンの大人になりやすい

IQが高い子供は、大人になってベジタリアンになりやすいという調査結果がブリテッシュ・メディカル・ジャーナルより発表された。

サザンプトン大学の研究チームが、1970年に8,179人の10歳児に調査し、20年後にベジタリアンになっていた人の数を調査したところ、IQが高いグループにベジタリアンが多かったという。
また、IQ105と106では、高い方にベジタリアンが多く見られた。
しかし、ビーガン(動物性のものを全く摂取しない)と魚や鶏肉もたまに食べるベジタリアンの人数は、IQによる差が見られなかった。
研究チームは、IQが高い人ほど、高学歴で社会的地位が高いという理由を考慮してもベジタリアン人口が多いという。ベジタリアンは女性に多く非ベジタリアンとの収入差は見られなかったという。
High IQ link to being vegetarian



元記事にも「卵が先かニワトリが先か分からない」と書いてありましたが、IQが高いからベジタリアンになりやすいというよりも、IQが高いので、いろいろな情報を取り込み、選択してベジタリアンを自分のライフスタイルとしているのではないでしょうか。
ベジタリアンと一口に言っても、野菜を食べるベジタリアン、TVPなど肉に似たもので代用するベジタリアンの差もかなりありますからね。
代用品べジの有名人にポール・マッカートニーがいますが、元奥様のリンダさんの料理は、見た目も味も普通の肉料理なので、どうしてここまでするのか非べジには不思議に思うことがあります。

肉も魚も乳製品も好きなのでベジタリアンにはなれませんが、お金があったらもっとオーガニックのものを買うのになあと思う今日この頃。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-12-18 02:02 | 英国ニュース
<< ダイエットは運動よりもカロリー... オレンジとクランベリーのマフィ... >>