ストーンヘンジに人が集まる日
今日6月21日は夏至。
毎年夏至の日になるとたくさんの人がウィルトシャーにある世界遺産のストーンヘンジに集まり日の出を祝います。

昔から、ペーガンの信仰の場所としてストーンヘンジが使われてきたこともあり、今朝2時から正午まで一般開放されています。
中には入れますが、一定の場所より内側に入るのは禁止。
直接石を触るのは厳禁。

今朝の、日の出の時刻は朝4時58分。 (BST)
既に2万人の人がストーンヘンジに集まり、多くの人が、ダンスをしたり歌って夏至を祝いました。
ここにどんな人たちが集まるのかというと、ペーガン、ドルイド(教)、白い魔女、昔でいうヒッピーの若者達...もちろん一般の人もたくさん参加します。
ペーガンというと、異教徒のことですが、イギリスではケルト族の信仰を指すことが多いようです。

さて、ここストーンヘンジで来年の夏至を祝いたいというあなたへ
今年の注意事項を参考に書いておきます。

☆入場に際しての条件☆
ストーンヘンジに登らない。
大型のバッグ、リュックサック、寝袋の持ち込み禁止。
たいまつ、ろうそく、花火等の火気厳禁。
アンプの使用禁止。楽器はアコースティックなものに限る。
犬や他のペットの持ち込み禁止
テントやガーデン家具(イスやテーブルなど)の持ち込み禁止
ガラス、カン類の持ち込み禁止
自転車の乗り込み禁止


今朝の様子の写真集・BBC
ニュースはこちら
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-21 14:57 | 英国七不思議+α
<< TVでウィンブルドン観戦 イギリスの学校で必ず学ぶ絵本 >>