イングランドの応援歌といえば、これ。
このところユーロ2004選手権の関係サイトに行っていろいろと、イングランドの記事を読んでいるのですが、
某所で困った記事発見。
「It’s coming home, It’s coming home, it’s coming home, it’s coming, oh oh coming home~(サッカーの母国にタイトルが戻ってくるの意味)」の歌声がエスタディオ・ルスに鳴り響く。

あの...
「It’s coming home, It’s coming home,
it’s coming , football's coming home」です。

お願いです。
イングランドサポーターが大好きなスリーライオンズを間違えて歌わないでください。
記者、ちゃんと調べていなかったんだろうなあ...
ちょっとした違いなんだけど、サポーター、うるさいよ。

この歌が聴きたいという方におすすめなのが
ライトニング・シーズ ベスト・オブ
Like you do...The best of The Lightning Seeds
スリーライオンズも入っています
a0005086_151843.jpg

ライトニングシーズはイアン・ブロウディのユニットなんだけど、彼はバリバリのスカウス(リバプール訛り)で歌う。聞いていて心地よい、と思うのは私もスカウスってことか?!!
私が持っているこれには、肝心のスリーライオンズは入っていない。というのも、元々発売されていたベスト盤のあとでスリーライオンズが大爆発的にヒットして加えられたから。
だから中古で買うときは注意してくださいね。入っていないのもあるから。
ジャケットの建物は、ビートルズのフリー・アズ・ア・バードのビデオにも出てくる、ライバービルディング(何度も言うけどリバーじゃない!)

ここだけの話ですが、
家から15分程歩くと、この景色と同じように見える場所に着きます。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-23 15:19 | +ユーロ2004
<< 元祖・ストリー『キング』に罰金刑 神業ランチ >>