体重90kgの8歳児、母親と同居が決定する
8歳の超肥満男児がこのまま母親と生活していたら健康に危害を加えるとして、ソーシャルサービスが児童虐待として男児を保護するかもしれないというニュースがあったが、関係者との話し合いの結果、この男児は無事に母親と一緒に暮らせることが決まった。a0005086_164025.jpg

北タインサイドに住むコナー・マクレディ君の体重は89kg。 超肥満のために自分で体を洗ったり服を着たりすることができず、学校も病欠することが多かったという。
好き嫌いが激しく、好物はポテトフライ。毎食ポテトフライとハンバーガーやカレーのほかにソーセージサンドイッチやチョコレート、ビスケットといったジャンクフードを一日中食べ、決して野菜を食べず、口にしてもすぐに吐き出すという。

運動や外遊びせずにコンピュータの前に座ってゲームをしているという。

今回、ソーシャルサービスが乗り出したのは、子供の健康を害するほど肥満にしてしまった親の責任を問うもので、措置は最後の切り札だった。
コナーくんは今回の話し合いに先駆け、運動とヘルシーな食生活を行い2ヶ月で10kg減量している。

Obese boy stays with mother


子供が食べないからといって、好きなものだけ与えるというのは…
[PR]
by lisalisa9 | 2007-03-03 16:42 | 英国ニュース
<< 下品なジェスチャーをする若きブ... ハリーポッターのダニエルが全裸... >>