第116回クラフツ Crufts

世界最大のドッグショー、第116回クラフツがバーミンガムで行われ、6歳のチベタンテリアのウィリーが最優秀賞(ベスト・オブ・ショー)を獲得した。

a0005086_1332947.jpg

ウィリーの正式名はアラキ・ファビュラス・ウィリーといい、クラフツのベテラン。
2006年にはユティリティグループで3位、2004年には同グループで1位を獲得している。
ウィリーのオーナーは、行けるところまで行けたので引退も考えているという。
Willy the terrier wins at Crufts



TVで見たときは、一瞬毛の長いシーズーかと思いましたよ。
犬の種類は詳しくないから、見ていてもよく分からないのですが、犬に対する熱意は伝わってきますね。
自分の髪でさえ洗ってドライヤーで乾かしてGO!だけのの人間ですから、こんなに手間かけられませんって。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-03-13 22:25 | 英国ニュース
<< 落書きと間違えてバンクシーの絵... 犬の出会い系サイト >>