落書きと間違えてバンクシーの絵を塗りつぶす

ブリストル市内にあったゲリラアートとして有名なバンクシーの壁画を役所の下請け会社が間違えて塗りつぶしてしまう事件があった。
バンクシーのサインが入った初期の壁画の隣にあった落書きを市役所が消すように指示したところ、間違えて本物を黒ペンキで塗りつぶしてしまったという。

a0005086_2019455.jpg



(消された作品。クリックすると大きくなります)

作品があった跡にはスプレーで "Wot no Banksy?"と落書きがされている。
a0005086_20193913.jpg


ブリストル市役所では、他のバンクシーの作品を早急に保存するように指示し、今回の間違いを起こした下請け会社に対しては損害賠償を請求する可能性があるという。
今年2月に売却された老人が爆弾でローンボーリングをする絵には10万2千ポンド(2320万円)の値段がついているが彼の作品を取り扱うLazaridesギャラリーでは、街中のアートに値段をつけることは、盗難に遭う可能性が大きくなるために好ましくないと語っている。
2006年11月には、リバプールの廃屋のドアに描かれたバンクシーの作品が、市役所の作業員に扮した男達に盗まれている。
Banksy work painted over in error



バンクシーといえば、大英博物館に「ショッピングカートを押して狩りにいく原始時代の人」の絵を何気なく展示しておいたってのを思い浮かべます。博物館側は正式にコレクションとして追加し展示したというのもイギリスらしくって好きですけど、この上のグラフィティーは、素人が見たらどう見ても単なる線路傍によくあるって感じですよね。
バンクシーはブリストルの出身らしい(なんたって謎の人ですから)ので、作品も多いですね。一度、ちゃんとカタログを作って清掃員に配布した方がいいかも。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-03-19 20:20 | 英国ニュース
<< 妻は早く死ぬと占い師に言われた... 第116回クラフツ Crufts >>