レッカー車で帰宅
a0005086_1948.jpg
今朝は、スタフォードシャーへ仕事。
いつもより早い5時半起きでお弁当を作ってはりきって高速道路を運転していたら...

カタカタと小さな音がし始めた、と思うとパワーがガクンと落ちた。
坂を上っていたら、どんどんスピードが落ちていく。
これはヤバイ。
次の出口までもつかな...

バンという音と共に、ものすごい煙が後ろから出ている!!
すぐ後ろを走っている車がいたから、ブレーキは踏まずに減速、向こうのドライバーも前が見えなかったんじゃないかしら?

オレンジの非常電話でレスキューを呼び、待つこと30分。
雨は降ってくるし、寒いし...

レッカー車が到着し、早速中に入って電話連絡。
外では、レスキューのお兄さんが、ボンネットを開けて、ちらっとみたあと、私のほうに向かって首切りのポーズをとっている。
ダメってことか...

「エンジンに穴が開いちゃってるよ。廃車かエンジンを換えるかだね。後で穴を見せてあげる」
はあ、穴ですか。
「どこに送って欲しい?」
スタフォードシャーに行く途中だったんですけど。
「行ってもいいけど、車を後で動かせないよ」
それなら、家までお願いします...

という訳で、レッカー車での帰宅となりました。
これからネットで車、探します。

右画像をよく見ると、真ん中に穴が見えます。
実際の大きさは卵よりひと回り大きいくらい。クランクシャフトからピンを押し出してしまっているようで、よくこんなに大きな穴が開いたなって感心するほど。
ここまで来たら、笑うしかありません。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-26 20:30 | 私の毎日
<< グラストンベリー初挑戦のポール... グラストンベリーが始まる! >>