文房具に無頓着なイギリス人
DR.GRIP

イギリスで売っている文房具って、高い。
DR.GRIPは、いいなあと思いながら眺めるだけの毎日…

日本にすんでいた時から、伊東屋やハンズで過ごすのを極上の楽しみとしていたくらいのステーショナリーオタクなだけに、イギリスの品揃えには全く反対の意味で目を見張るものがあります。
試し書きして、いいなあと思うとほとんどが日本製。
それも、日本で買うより2,3割高いとなると、日本から持ち帰るお土産は大抵文房具になります。

イギリスでは小学校のうちは自分の文房具というものを持たないんですね。
学校で全て用意されている。
だから、いい物を使っているかといえば、そんなこともなく、消しゴムは消えなくて跡が残るし、鉛筆なんか4歳児がHBを使ってる。

いいものはレア物として、プレミア代でもかかっているのでしょうか。
ボールペンは買うよりも、チャリティー団体が寄付を募る手紙に入っているものが一番使いやすいです。
ここで買ってはいけません。もったいない。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-03-05 21:43 | 私の毎日
<< イメージ通りのウェールズ コレステロールを下げるチョコ >>