ダイエットなんて無駄!

ダイエットしても無駄なこと

米カリフォルニア大が過去に行われた大規模なダイエットに関する調査を30件以上分析した結果は、『ダイエットは貴方をもっと太らせるだけ。』だった。

今回、アメリカ心理学ジャーナルに発表されたこの大規模かつ最も詳細に渡るダイエット調査の中には、250万人のオーストラリア人を対象に行われ、2004年に発表された、低炭水化物ダイエットに関する調査結果も含まれている。
低炭水化物ダイエットの概要では、特定のダイエット法を挙げなかったものの、調査には低炭水化物、アトキンスダイエット、GIダイエットといった最近のダイエット法が含まれている。
いずれのダイエットでも開始当初に体重の5%~10%の体重減少がみられるものの、『ハネムーン期間』が終わった段階で3人に2人がリバウンドを起こし4~5年かけてもとの体重に戻っている。
それだけではなく、ほとんどの人の場合は、ダイエット開始時点以上に体重が増えていた。

他の調査結果でも
・ダイエットを行った者の半数は5年後の体重が5kg増えていた。
・一定期間ダイエットを行ったグループとダイエットを行わないグループを比べたところダイエットを行ったグループの方が体重が重かった。
・1万9千人の男性に4年間に渡る健康調査をおこなったところ、体重が増加した男性は調査の前年にダイエットをしていた。

研究者は、体重減少と増加を繰り返すヨーヨーダイエットが及ぼす精神的・肉体的ストレスは心臓発作、脳卒中、糖尿病の危険を引き上げるため、むしろダイエットをしない方が良い位だと警告している。

Diets just make you fatter



おっと出ました。
爆弾発言ですよ、これ。
『死ぬまでダイエット』を覚悟した身には、今までの努力は一体なんだったのさ、と思いますよ。
大手を振って開き直りしちゃいますよ。

確かに、怪しいものを飲むだけとか栄養がないカロリーオフのものを食べるとか、不自然なダイエットで急激に体重を落とすとリバウンドが必ず来ますよ。
リバウンドが来ると、またダイエット。でも、少ないカロリーでやりくりしていた身体は、ちょっとのダイエットじゃびくともしない。代謝を落として防御に入るんですな、これが。そのからくりというかメカニズムに気づくまで、既に何度かダイエットしてますから気づいたときにはもう代謝ボロボロで痩せないからだの出来上がり。
まさにオペラ・ウィンフリー状態です。
あ、彼女、すっきりしましたよね。彼女のダイエット実践しようかななんて思っていたんだけどな。いつお昼が食べられるか分からない身では、無理かな。

痩せるためのダイエットというよりも正しい食習慣、食事療法、食育という意味でのdietがリバウンドを起こさない成功の鍵ですね。
言うのは簡単、実行するのは…
[PR]
by lisalisa9 | 2007-04-13 08:02 | 英国ニュース
<< 英国最短の駐禁ライン? 英ネットユーザーは月に二日もネ... >>