ロンドン地下鉄の冷房は氷

ロンドンの地下鉄の暑さ解消の新兵器は氷

ロンドン地下鉄が1億5千万ポンド(約358億円)をかけて開発中のハイテク冷房装置は氷を入れた冷蔵庫だ。
座席の下に置かれた冷蔵庫から融けた氷によって冷やされた空気を車内に送りこむこの方法、地上への放射熱を極力抑え温暖化サイクルに拍車をかけることがないよう配慮した上でのデザインになっている。

試験運転は来年度、ピカデリーラインで行われる予定。
For a cooler journey by tube, just add ice under the seat



ロンドンの地下鉄は今までに数回しか乗ったことがないのですが、確かに暑かった(笑
リバプールにも、一応地下になっている部分がありまして、こっちはホームは真夏でも寒いです。Tシャツ一枚だけだと後悔します。
まあ、リバプールの場合、川底を走っている部分が長いので自然の冷蔵庫効果があるのかもしれません。
冷房はあまり必要のない国ではありますが、もうちょっと遊び心のある扇風機とか欲しいもんです。あ、エアコンなんて普通の家じゃ見かけません。2,3日前に家中に冷房を入れるために見積もりをしてもらった人にいろいろ聞いちゃいましたが、全部屋に30cmX30cmのダクトを取り付けて屋外に据え置きの機械が一台、というので日本のエアコンというよりは、ホテルにあるような空調設備なのでしょう。ちなみに3ベッドルームの平屋で、キッチン、バスルーム、リビング&ダイニング、ロフト全てにダクトを取り付けて工費を含むお値段が2000ポンド弱。〈44万円)
もちろん、冬は暖房です。
かなりお得じゃないかと思うのですが、どうでしょう。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-06-08 21:54 | 英国ニュース
<< ルイス・ハミルトンのゴーカート... 人も転がるチーズローリング >>