警察の保護を受けている主審・ユーロ2004
EURO2004準々決勝のイギリス対ポルトガル戦で主審をしたU・マイアー(スイス) 氏を覚えていますか?

もちろん私は覚えていますって。

彼はネットでメールアドレスを公開していて、意見を募集しているのですが、彼のところへ、イングランドが負けた直後から脅迫文を含む16、000通のE-メールが届いたんだって!
それだけではなくて、あの悪名高い「幻のゴール」の翌日、SUN(タブロイド紙)の記者に住所を押さえられ、記者は家の前にイングランドの国旗まで立てて行ったとか。(ひえ~!)
このままでは警備上に問題があるから、としてここ数日彼は警察の保護下にいるそうです。

スイスのラジオ局のインタビューで、マイアー氏はイングランドファンの反応に驚いていると言ってます。
って、別に驚くことなんかないじゃない。フーリガンの国なんだから。

「イギリスは加熱しすぎ」って言うけど、一応サッカーの母国。熱くなります。
「早くユーロ2004が終わって静かにならないかな...」って無理ですよ、マイヤーさん、甘い甘い...

Referee under police protection(BBC)
[PR]
by lisalisa9 | 2004-07-05 00:52 | 英国ニュース
<< ギリシャなんて考えてもいなかった! 決死のターン >>