フッ素入りの牛乳
a0005086_75725.jpgなんか、問題提起ブログになって来たな…

タイトル通り、フッ素が入っているイギリスの学校給食用の牛乳です。
子供達は、フッ素なしの牛乳も選ぶことができますがもちろん保護者の許可がないと変更できません。

フッ素が入っている理由はただ一つ。
それは、歯を守るため!
って、イギリス人の歯は、そこまでしないとダメなんですか?

3年位前にうちの郡が水道にフッ素を混ぜる案を出したところ、住民から大反対。
それはそうです。水道水に混ぜられた日には、一般市民は選択の余地がなくなってしまうんですから。それに、大人やフッ素を歯に一度塗ってしまった子供もフッ素を摂取する必要がない訳で、身体に不必要な薬品は混入したくない!!と大騒ぎ。
その折衷案として始めたのが、このフッ素入りの牛乳というわけ。

肝心の味ですが、全然違いが分かりません。

給食室を覗き見する限り、フッ素入りの牛乳を飲む子供は小学校では少ないですね。
反対にうちの職場は、ほとんどがこれ。

どうしてこんな牛乳が大量にうちにあるのかは聞かないでください。
(それも、牛乳アレルギーなのに)
[PR]
by lisalisa9 | 2004-07-10 07:58 |  L英国食事情
<< 10,000数珠つなぎ ご報告・第2弾 >>