お尻が大きな母を持つ女性は乳がんになりやすい
サウザンプトン大学がヘルシンキ(フィンランド)に1934年から1944年に生まれた女性6000人の記録を調査した結果、骨盤幅が30cm以上の女性を母に持つ女性が乳がんになる率は他より3倍多く、中でも2子以降が乳がんになる率は7倍に上ったという。
また、骨盤の形に丸みがある方が、乳がんになる率が高かった。

腰が大きいとがんになりやすい原因には、性ホルモンのエストロゲンレベルが高いことが挙げられる。
妊娠初期、胎児の胸部形成時に大量のエストロゲンにさらされることで、ホルモンに敏感な女性のDNAを不安定にするため、後に乳がんを発症しやすくなるのではないかと考えられている。

Hip size 'gives cancer risk clue'


イギリス人に乳がんが多い理由は、牛乳を飲むから(というか食生活全般)だと思っていましたが、骨盤だとは。それも母親の。

魅力的なヒップの持ち主と言えば、この方達ですよね。
Beautiful Liar
[PR]
by lisalisa9 | 2007-10-11 09:30 | 英国ニュース
<< お知らせ モノポリー、英国都市版 >>