世界スカウスの日
今日は
International Scouse Day

それにしても、なんともスゴイ名前じゃないですか。
スカウス(=リバプール周辺の人)は派手なお祭りごとが好きなのでしょうか?

スカウスという料理もあるんですよ。
元は、Lobscouseというスカンジナビアの料理が船乗りと共にやってきて、船員や料理をScouse と呼ぶようになったんですって。
今でこそ、暗いイメージのリバプールではありますが、大航海時代には、東インド会社で儲けたそれはリッチな街だったんです。

…もとに戻りますが、料理の方のスカウスは、何の事ない、ただのシチューです。
正統派は日曜日に食べた骨付きのロースト肉をだしにして更に肉(ラムか牛)を加え、ジャガイモ、人参、たまねぎを入れて煮込んだものです。
個人的には好きな物を入れればいいじゃない、と思うのですが。

そして、もう一つのスカウスは方言のこと。
リバプール弁とでも言いましょうか。
文法も結構狂います。英語を勉強する者にとっては結構泣かされます。

私ですか?
しっかり訛っているってみんなに言われます。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-03-19 09:28 |  L英国食事情
<< 虹 NY セントラルパークのモデル >>