Pay As You Drive自動車保険、実験開始
自動車を運転するのなんて週末しかしないし、大きな買いものに行く時しか使わないというのに、毎日通勤する人と同じ保険料を払うなんて不公平だ!
なんて常日頃から思っているドライバーに朗報です?
イギリスの総合保険会社Norwich Union が走行距離に応じて支払うPay As You Drive 保険のパイロット版を実施するためモニター5000台(家庭)を只今募集中!

方法は、車中にDVDプレーヤーサイズの機械を設置するだけ。
どの道をいつ使用したか等のデータがGPSを通して保険会社に送られ、そのデータをもとに翌月の保険料が計算されて請求が来る、というわけ。

保険料は走行距離だけではなく、通る道や時間でも違ってきます。
ニュースによれば、例えば、高速道路は一般の国道(A道路)よりも事故が少ないので、保険料は低め。
一般道も事故の多い道路や事故の多い時間帯は保険が高め。
通勤時刻に運転している車の保険も高めです。
反対に、事故の少ない静かな道路を週に一度買いものに使うくらいだと、保険料がかなり少なくなるはずです。

でも、この保険、ニュースでも言っていたけれど、今、支払っている保険料よりも多くなる人もでてくるはず。
私は、先週なんて400km以上走ってるし、この保険を適応したら、毎月の保険料がすごく高くなるんじゃないかしら。そうでなくても、前の車(フォード、エスコート)の倍近く保険料払っているのに…
a0005086_9235866.jpg

(↑これなんて公道を走ったら、どのくらい保険料を払うのでしょう。。。)
とにかく、画期的な自動車保険であることは確かなようです。

Could pay-as-you-drive insurance work?(BBC)

[PR]
by lisalisa9 | 2004-08-19 09:33 | 英国ニュース
<< リバプール・キット不買運動 女の子のブイ >>