リバプール・キット不買運動
地元リバプールの友人から聞いた未確認情報ではありますが、
マイケル・オウエンを破格の安値で売ってしまった リバプール・フットボール・クラブへの抗議として、地元のファンがシャツの不買運動を起こしています。

確かにあまりにもあっさり手放しちゃうんで、
何なの?クラブへの忠誠心とかないの??と思ったけれど、
考えてみれば、昔、リバプールからはMFの スティーヴ・マクマナマンがレアルに移ったもんなあ。
それもショックだったわ。
彼も、地元出身で、デビューした頃のオウエンに球出ししていたからね...
マクマナマンは、レアルでそこそこうまくやっていたところがベッカムと大違いなんじゃないかな。以前、The Timesの特集記事で、どうしてマクマナマンはスパニッシュクラブで上手くやっていけるのか、っていうのがあった程。
だから、受け入れるレアルも、ベッカムがこんなにスペインに慣れないとは思わなかったんじゃないのかしら。

最近ではfootbball poolサッカーくじをする人も少なくなってしまったから、オーナーが経営するLittlewoods(サッカーくじとカタログショップで有名)もチームにつぎ込むお金がないのかもしれません。
やっぱり、建築会社の社長に株を売ってしまえばよかったのに。

(ゴールを決めてくれなかったら、もっとファンは荒れているかもしれません!)
[PR]
by lisalisa9 | 2004-08-19 11:09 | 英国ニュース
<< I, Robot Pay As You Driv... >>