「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:+ユーロ2004( 7 )
ギリシャなんて考えてもいなかった!
ギリシャ、勝ちましたね。

今大会前は両国チームともunder dogと呼ばれ、ベスト8には残らないだろうと思われていただけに全く予想が立たない展開でしたね。
地元ポルトガルの方が有利だと思ったけどなあ。

これでお祭り気分になってギリシャのオリンピック施設に手が届かず、完成しないなんてことがありませんように。
あ、完成しないんだっけ。

それにしても、ギリシャ優勝に賭けていれば、今頃高級レストランでシャンぺンディナーしているところでしょう。
なんたってoddsは100-1だったそうですから。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-07-05 07:58 | +ユーロ2004
ふてねします=イングランド惜敗=&ルーニー骨折!
う~ん、くやしい。
延長戦の上にペナルティ・シュートアウトで負けるなんて。

それもこれも、あの審判のせいだ。
ゴール無効にするなんて信じられない!!!
スイスのチョコ、ボイコットしちゃうぞ!
やっぱり、ラグビーみたいにちゃんとビデオにとっておいて審判するべきだよ。
相撲なんて一対一であんなに狭い土俵だっていうのに、ビデオ使ってるんだから、サッカーだって使った方が公正なのにね。

ま、ベッカムがペナルティを逃したのも痛いけど。
あんなにボコボコぐずぐずのペナルティスポットもないよね。
ルーニーの足首のケガも心配ですわ。

確かに↓の予想にとても近い結果だったけど...

ああ、もう寝ます。

明日からウィンブルドンに専念するんだ!

追記
ルーニーは右足(甲の部分metatarsal 5本あるけどどれかは不明)を骨折
一ヶ月は戦線離脱だそうです。
ベッカムもその昔、ワールドカップ直前に折った骨だとか。
痛いですよね、足の骨。

[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-25 08:10 | +ユーロ2004
まずは今日勝たないと話にならないじゃん
kurtさんのところでユーロ2004の優勝予想が盛り上がっているので、ちょっと遅くなりましたがトラックバックです。

まず、今日の試合
Portugal 対 England 前回のEURO2000ではポルトガルが3-2で逆転勝利しているので、イングランドにとっては勝ちたいところ。でも、ホスト国って勢いに乗りやすいからそれだけで有利っていえる。両チーム簡単には決着はつかないはず。
期待してます、イングランド

金曜日の
France 対 Greece は過去の成績を見たら、フランス。
フランスはワールドカップも優勝しているし。またジダンのあのフリーキックが見れたら幸せ。

土曜日の
Sweden 対 Netherlands ここが一番互角に戦うんじゃないかな。UEFA欧州選手権で戦うのは初めてっていうけど、過去の対戦記録もそうだし、サッカーのスタイルも似ているよね。
だから、ここは私個人の好みでオランダ

日曜日の
Czech Republic対Denmark 両チームいい選手がいるし、対戦成績からいってどっちが勝ってもおかしくないんだけど、チェコのMFウラジミール スミチェル(スマイサーって言うぞ、おそるべし英語読み)はリバプールFCにいるし、以前からチェコとのリンクがあったのでここはファン心理で チェコ共和国

ここからはしょりますが(試合開始が近いので)
準決勝は
イングランド-オランダ
フランス-チェコ


決勝は
イングランド-チェコ

で、優勝は
チェコじゃないかな...と

きゃー、ごめんなさい!!石投げないで~!!
だってイングランドって、ここぞというときに踏ん張れないんだよね。
1点先取したら守りに入っちゃう悪い癖もあるし、すぐにマークされちゃう所にいるし。
GKは昔リバプールを追い出されたジェームズだし...心配だらけ。
対するチェコはサブを使ってドイツを破るほど波に乗っているからね。

まずは、今日の試合に勝ってくれないことには、この予想も全然役に立たないわけで...
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-25 02:44 | +ユーロ2004
イングランドの応援歌といえば、これ。
このところユーロ2004選手権の関係サイトに行っていろいろと、イングランドの記事を読んでいるのですが、
某所で困った記事発見。
「It’s coming home, It’s coming home, it’s coming home, it’s coming, oh oh coming home~(サッカーの母国にタイトルが戻ってくるの意味)」の歌声がエスタディオ・ルスに鳴り響く。

あの...
「It’s coming home, It’s coming home,
it’s coming , football's coming home」です。

お願いです。
イングランドサポーターが大好きなスリーライオンズを間違えて歌わないでください。
記者、ちゃんと調べていなかったんだろうなあ...
ちょっとした違いなんだけど、サポーター、うるさいよ。

この歌が聴きたいという方におすすめなのが
ライトニング・シーズ ベスト・オブ
Like you do...The best of The Lightning Seeds
スリーライオンズも入っています
a0005086_151843.jpg

ライトニングシーズはイアン・ブロウディのユニットなんだけど、彼はバリバリのスカウス(リバプール訛り)で歌う。聞いていて心地よい、と思うのは私もスカウスってことか?!!
私が持っているこれには、肝心のスリーライオンズは入っていない。というのも、元々発売されていたベスト盤のあとでスリーライオンズが大爆発的にヒットして加えられたから。
だから中古で買うときは注意してくださいね。入っていないのもあるから。
ジャケットの建物は、ビートルズのフリー・アズ・ア・バードのビデオにも出てくる、ライバービルディング(何度も言うけどリバーじゃない!)

ここだけの話ですが、
家から15分程歩くと、この景色と同じように見える場所に着きます。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-23 15:19 | +ユーロ2004
ユーロ2004 イングランド戦・ワンダーボーイのお出ましだ!!
ルーニー!!!(どうも地元の人となると燃えるくせが...)
クロアチア2-イングランド4

今回の対戦相手は、フットワークが南米の国のようなクロアチア
リズムをこわしたり逃したら、あっという間に向こうの思う壺にはまっちゃうんじゃないかしら?と思っていると早速、1点先行された...
でも、はっきり言ってイングランドは1点を追うか大差で逃げるかじゃないと、変に早くから守りの体制に入っちゃう悪い癖があるからね、このくらいのほうがいいのかも。
その予想通り、前回のスイス戦で3点中2点を入れたウエイン・ルーニーが今回も前半ロスタイムにに1点、後半に1点ゴールをするワンダーボーイぶりを発揮!
そのほかに前半スコルズが1点、後半にランパートが1点の余裕の?計4点で無事にベスト8へ進出!!
ヨーロッパ選手権での最年少ゴール記録は今日スイスのヨハン・フォンランテンに破られたけれど、そんなの全然関係ない♪

今朝なんか、地元のニュースではルーニーが通っていた小学校から中継。当時8歳だった彼を見込んだスカウトがインタビューにでていたし、もうルーニー一色。
彼は、リバプールのクロクステス地域の公営住宅で生まれ育ち、両親がエバートンのシーズンチケットを持っているほどの大のエバートンファン。
お母さんは、今でもルーニーが出た高校でDinner lady(給食やカンティーンで働くので調理はしない場合が多い)をしているそうだ。
本人曰く、子供の頃から、「この辺りで育ったら、末は自動車泥棒か無職でぶらぶらするかしかない」と言われる度に、絶対にそうならないように頑張って成功してやるって思っていたんだそうだ。偉いよね。
今日の試合後のインタビューでも、「自分の仕事をやっただけさ」
オーエンがスコアしなかったことも、「自分にいい球を出してくれたからね、いいパートナーとしてやってるよ」と18歳とは思えない口ぶりでさらりと答える。
ゴリ蔵みたいで、どっちかといえばラグビー顔&体型だと思っていたけど、今日はかっこよく見えたぞ。
その後で話していたベッカム、昔に比べたらかなり喋るのがうまくなったけど、キャプテンなんだからもうちょっと頑張れって感じ。

次回は24日、今大会ホストのポルトガルと対戦。
頑張れ~~~~~!
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-22 06:37 | +ユーロ2004
ユーロ2004 ジェラードの汚名返上!
よかった~
3-0でイングランドが勝った~

対戦相手のスイスはものすごく攻撃をかけてくるから1-0の時はもう冷や汗モノ。
なんたって背水の陣。これに負けたら次へは進めないと思うと目が離せない。
夕飯の支度なんてしている場合じゃないです。もうTVに釘付け。

ポルトガルはよっぽど暑くて審判もご機嫌斜めだったのか、イエローカードの連発。
厳しい厳しい。スイスは途中から10人になっちゃったもの。
そのときから試合の流れが変わっちゃったみたいで、イングランドはそれから2点追加。

今回は何が良かったって、得点を入れたルーニーはエバートン、ジェラードはリバプール。
両方ともリバプールのサッカーチーム!
地元としてはやっぱり嬉しい!!
それに前回はジェラードの自虐的なミスで負けたから、汚名返上になったし。
ジェラードは今、契約更新の時期でチェルシーに行きたいんだとか…
思いとどまってくれないかなあ?

よくなかったのは、イングランドのサポーター。暑いのは分かるが、すぐに上半身裸になるのは…
太陽信仰してるから、シャツを脱いでも同じように体が真っ赤な人がたくさんTVに映っていたもの。
腹筋が洗濯板状態ならいいけど、ビール腹でシャツなしなんて犯罪です。
BBCで司会しているギャリー・リネカーもかなり顔が焼けてるのには笑いました。
彼は今ではサッカー番組の司会者として第2の人生?を歩んでいます。
これが結構うまい。適職かもしれませんね。

まあ、とりあえず、今日は静かに眠れそう…

といっても、これで安心している場合じゃありませんよね。
今日のフランス対クロアチア戦の結果は2対2。
次回のクロアチア戦で負けたら、イングランドは予選落ちが確実。今日のクロアチアの戦いっぷりを見たけど、華麗な動きをする選手がたくさん!大混戦になるんじゃないかしら?

そうでなくてもポルトガルでフーリガンが暴れまくっているというのに、もし負けたりでもしたら…
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-18 07:53 | +ユーロ2004
めげるなスティーヴン!!!
a0005086_85456.jpgユーロ2004、イングランド対フランス戦。
野球で言うなら巨人対阪神戦。
こちらではマンチェスターユナイテッド対リバプールのような永遠のライバルが初戦で激突。

イングランドが1点を入れ逃げ切るかと思ったのですが…
信じられない!!!!
(確かに心の中では、イングランド負けるって思ってましたけど。)

90分が過ぎてからフランスに2点入れられ逆転されるなんて、何なんだ?
アレた気分が続く中、ニュースとか見ていたら、監督や選手へのインタビューをガンガンやっていて、厳しい質問が飛んでいた。
で、大ポカをしたジェラードが「自分のミスだ」って2回ほどうつむいて言っていたのを見たら、さすがにかわいそうになってきた。
確かにあのバックパスは、とんでもないものだったけど、彼は若いからね、こんなことでつぶれないで欲しいなあと思うの。
あのベッカムだって大ポカをして負けたあと、キャプテンになったじゃない。

だからジェラードをいじめないで…
(リバプールファンとしては、サポートしなくちゃね)

それにしても、この試合の両国の選手を合わせるとマンチェスターユナイテッドの選手がほとんど揃うんですけど。

+++++++++++++++++
さっき地元のラジオで言ってたけど、リバプールで、ミニ暴動が起こった模様…
詳しいニュースが入り次第、お届けしますわ!!

追記
暴動が起こった場所はコンサートスクエア。最近再開発された街の中心でおしゃれなパブやクラブ、ホテルが密集する地帯。
そこで外に出ていたカフェテーブルや椅子がバンバン投げられて窓ガラスもめちゃめちゃ…
そこにいた人は、帰りたくても外に出るのが怖くてずっとパブの中で治まるのをまっていたとか。
警察の到着までの所要時間20分。
遅いです、マージーサイド警察!!
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-14 08:56 | +ユーロ2004