カテゴリ:私の毎日( 225 )
ホグワーツ魔法魔術学校ツアー
ホグワーツ魔法魔術学校に行ってきました。

ノーサンバーランドにあるアニック城 Alnwick Castle
a0005086_0162496.jpg


こちらもアニック城。
ハリーポッターだけでなく、ケビン・コスナー主演のロビンフッド、ケイト・ブランシェット主演のエリザベスもここで撮影されています。
a0005086_0175343.jpg


そして、ダラム大聖堂Durham Cathedral
こちらもホグワーツですね。

a0005086_0182824.jpg


もともと世界遺産のダラム大聖堂には行きたいと思っていたのですが、結果的にはハリーポッターロケ地ツアーになってしまいました(笑

たくさん写真をとってきましたのでこちらもどうぞ。

アニック城 1
アニック城 2
ダラム大聖堂
[PR]
by lisalisa9 | 2007-08-18 00:32 | 私の毎日
成田のセキュリティチェック
9月6日現在も、機内持ち込みの手荷物の規制が布かれているイギリスの空港。

8月下旬にマンチェスター空港を発ったときは、デジカメの持ち込みこそ許されていたものの、ケースの中を確認し、カメラだけでX線に二度通されました。

荷物の大きさそのものも郵便ポストのような切込みが開けられたところにはまらなければ大きすぎと注意され、私の前にいた乳児連れの親子はオムツ替えのバッグのサイズまで測られていました。

ところが、アムステルダムで同乗した客が持っていたのは、規制のサイズの2倍は軽くありそうなバッグで、その中から保存液入りのコンタクトレンズケースを取り出したときには、正直愕然としました。


日本を発つ日は早朝だったので、手製のおにぎりとペットボトルを持っていました。
空港へ着いても食べきらなかったので、注意されたら捨てるしかないと思い、おにぎりと飲みかけのお茶を恐る恐るX線検査に差し出したらあっさり通過。

内容物の検査をされているわけではありませんから、既に開封されたボトルに園芸用肥料が入っていた可能性だってあるし、おにぎりの中味もプラスチック爆弾の可能性だってあったかもしれないのです。

もちろん、そんな危ないものは入れていませんが、入れたとしても簡単に通ったでしょう。
航空機一台落とすだけの威力のある爆弾も作れるでしょう。

そのくらい成田空港のセキュリティチェックは心配になるほどユルユルだったのです。

受ける側(私)にしてみれば、「食べ物を捨てずに済むからラッキー」位にしか思いませんが、せめて検査をする側は、日本人だから(テロ行為は)やらないだろうとかタリバンには関係ないだろうと安易で根拠のない思い込みはしないでしっかり検査して欲しいのです。

テロ対策は、空港のみでなく航空機だって含まれるはず。
とりあえずイギリス発着便とアメリカ便だけ注意して、他は通常と何変わらない警備というのでは、他国のターミナルを乗り換えに使ったりするだけに意味がないんじゃないでしょうか。

検査が甘いのを逆手に取り、活動拠点を日本に移す可能性だってあるわけで、検査が厳しくても、私達乗客の安全を考えての事と理解すれば納得できるはずです。

それから、イギリスの空港や手荷物に関する規制のインフォはまだまだ足りないと感じました。
成田でのアナウンスは、英国のテロ対策のために荷物は『なるべく少なくするようご協力をお願いします』と、内容が極めてあやふやでした。
(それにざわつくチェックインカウンターで誰がちゃんとアナウンスを聴けるのだろうか?)
一ヶ所に大きく張り出してあった方があり難いです。

英国の運輸省が指定した手荷物の大きさは、実はIATA(国際航空運送協会)が指定しているサイズより20%も小さいためにキャビンバッグとして市販されているものでも引っかかる可能性が大きいのです。
同じ荷物なのに、帰りに引っかかるのでは納得できませんよね。

やはり、テロ対策に関する規制は全世界一律でやって欲しいです。
ハンドバッグ一つで始めは不便を感じますが、まあ、そういうものかと思います。

ここからは、軽い話
[PR]
by lisalisa9 | 2006-09-06 23:01 | 私の毎日
グーグルデスクトップを入れてみた
Googleから無料ソフトのセットをダウンロードができるようになったので早速使ってみましたよ。

私が入れたのは英語版のGoogle Pack(グーグルパック)

中に含まれているのは
Google Desktop
Google Toolbar for Internet Explorer
Picasa
Google Pack Screensaver
Mozilla Firefox with Google Toolbar
Norton AntiVirus 2005 Special Edition
Ad-Aware SE Personal
Adobe Reader 7

もちろん要らない物はDLしなくていいからね。

グーグルデスクトップの検索は優れもので、普通に検索するだけじゃなくて、いつどこでその言葉を使ったのかPCの中を探してくれる。

今、サイドバーにして常駐させてみたら、ガジェットがあって時計とかニュースクリップとかあるじゃないですか。
それも勝手に更新してる??
他にもたくさん足せるから、まず星座図(Sky Chart)なんてのを入れてみた。
これ面白い!!

Picasaはちょっと開けてみただけだけど、使いやすそう。

Firefoxはこの機会に入れちゃえ、と勢いで入れてみたんだけど、ちょっとがっかり。文字が化けてないけど無理してる。英語版のブラウザーだからかな?
ブログの記事タイトルが明朝体に化けちゃったってのも勘弁して欲しいよ。

その昔、南極星を入れて使っていたときの文字みたい。
Windows95の時に入れてたから、一昔前か...

Ad-Aware SE Personalは日本語版にはないソフト。
スパイウェアを水際で防ぐソフトで、マウスオーバーでスパイウェアがあるのが分かるそうなんだけど、グーグル版は単にチェックするだけ。
でも、まあいいか。

どんなことができるか、しばらくこれで遊んでみます!


この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-08 16:07 | 私の毎日
Google Trendsで「SEX」と検索すると?
前回の記事ネット検索で「porn」(ポルノ)と検索する人が最も多い都市はに意外な反響があり、いつもは怪しいトラックバックしか来ないのに、メールも多く頂きました。
ありがとうございます。

その中にGoogle Trends「SEX」で検索すると意外な結果が出るよというタレコミ情報を頂ました。

面白いので早速紹介しますね。

「sex」とキーワード検索する人が最も多い都市トップ10
1. Cairo Egypt カイロ エジプト
2. Chennai India チェンナイ インド
3. Delhi India デリー インド
4. Ankara Turkey アンカラ トルコ
5. Istanbul Turkey イスタンブール トルコ
6. Warsaw Poland ワルシャワ ポーランド
7. Brussels Belgium ブリュッセル ベルギー
8. Zurich Switzerland チューリッヒ スイス
9. Amsterdam Netherlands アムステルダム オランダ
10. Sydney Australia  シドニー オーストラリア

ちなみに日本語で入力すると
1. Nerima Japan 練馬区
2. Hiroshima Japan 広島市
3. Shizuoka Japan 静岡市
4. Funabashi Japan 船橋市
5. Nagano Japan 長野市
6. Soka Japan 草加市
7. Kanagawa Japan 神奈川市
8. Chiyoda Japan 千代田区
9. Fukuoka Japan 福岡市
10. Osaka Japan 大阪市


どう見ても仕事中に検索している人が多い所があるようですが。

「ブログ」をキーワードにすると、またちょっと違う町の名前が出てきますよ。
Google Trendsはここから。
いろいろと調べると面白いかも。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-05-18 09:10 | 私の毎日
ウィキペディアとハッピースラッピングに関する覚え書き
エキサイトブログでは、ニュースの更新だけしようと思っていたのですが、ひさびさに書きたいことがあったので忘れないうちに書き留めておきます。


それはウィキペディア(Wikipedia)

膨大な情報量を抱え、新しい情報が次々を書き加えられる参加型の百科事典のWikipediaって便利です。

基本的な情報を知るにはとても早いので国の面積や人口を調べるのには、もっぱら、これを使っているのですが、でも、ここに書かれた情報が絶対と信じて使用するには、とても抵抗があるのです。
誰でも参加して編集可能ということは、間違った情報も載せてしまう可能性や非難中傷、事実無根の記事が投稿されてしまう可能性もあるわけです。
実際、昨年12月アメリカで事実無根の記事を書いた投稿者が地元新聞紙に謝罪文を載せ、ウィキペディアが編集し直したのは記憶に新しいところです。BBC

編集そのものも簡単。試しにメールアドレスを入れ、ログイン用のIDを取得したら私でも書き込みが可能で、一時的に保管され内容のチェックを受けるようでもないみたい。
チェックを入れたとしても、全てのエントリーが事実かどうかを「中の人」が検証するのは非常に困難なんじゃないかと思うのです。
加えて、投稿者は無記名だから文責の所在が不明なところがあるのが個人的には気になります。

そんなことを思ったのは、先日たまたま調べ物をしていてヒットしたハッピースラッピング。
エントリーにはこんな事が書いてありました。

ハッピー・スラッピングという言葉はイギリスの北ロンドンで初めて流行したものだが、ガレージミュージックシーンで最初に流行り始め、このブームは次第にイギリスのティーンに広がっていったと言われている。現在ではチャブ・カルチャーやゲットー・カルチャーをより連想するものとなっている。評論家からはMTVのテレビ番組、ダーティー・サンチェスやジャッカスに誘発されたものであると言われている。


上の記述、違います。

90年代後半にソフトドリンクTangoのCMで、タンゴを飲む人のところに背後からパンツ一枚で全身オレンジ色のタンゴマンがやってきていきなり顔に往復ビンタをするのがありました。
You know you've been tangoedのキャッチフレーズとともに流れるCMは、炭酸飲料のオレンジの「キック」(スカッとする味)がビンタのように頭にキーンとくるということが言いたいってのは分かったのですが、しばらくしてから、中学校を中心に子供の遊びの一環でいきなり顔ビンタが流行り始めました。
その名もずばり「Tangoed」
その現象が報道されるとTangoはCMを急遽中止、路線変更をしました。
しかし、それがいじめに発展し、校外に出ると一段とエスカレートしてハッピースラッピングへと変化したのです。が、元は同じもの。
だから、ガレージミュージックシーンでも、なんでもないです。単なる炭酸飲料の宣伝が発端。付け加えるとMTVの番組はもうちょっと時代的に後です。
Googleに you've been Tangoed、 slappingの検索ワードで入れてみると、同様の関係を指摘した記事がたくさん出てきますよ。

で、戻りますが、ちょっと考えましたが、ウィキペディアへの編集はしないことにしました。
このブログに書くことで、私は私の文章に最後まで責任を持ちたいから。

おそらくこのハッピースラッピングを紹介したのは、このブログが日本では初めてだと思います。(これだけには、ちょっと自信があります)
それだけに、ちゃんと調べずに「百科辞典」に書き込まれた文章を見てちょっと厭な気がしたのですよ。
私だって間違い、勘違いの連続ですからね。分かっているからこそウィキペディアに書き込むなんて恐れ多いと思うわけです。

*「Tangoed」には、もう一つ意味があって、「オレンジ色に日焼けした人」(意味的には焼きすぎといった否定的なニュアンスがある)も指します。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-03-05 06:22 | 私の毎日
2年と2日、2つのブログ
2月20日、このブログが2歳の誕生日を迎えました。


もう2年も続けていると愛着が湧くもので、更新できない日でもブログのチェックだけは必ずしています。
生活の一部です。
もちろん、今まで何度となくブログの壁に突き当たりました。

それでも、書き続けられたのは、皆さんに読んでいただいて、コメントで勇気づけられたから。




以前からニュースと個人的な内容を分けたいと思っていましたが、2周年を迎えたこの機会にこのブログを2つに分けることにしました。

ここ、エキサイトブログでは、これからはニュース系中心の更新となります。
個人的な日記は、こちらで更新をしていますので、遊びにいらしてください。

これからも今まで同様おつき合いをよろしくお願い致します。

りさ

もう一つのありがとう
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-22 03:44 | 私の毎日
Blog Widow
ここイギリスでは、今日を挟んだ前後どちらか1週間がハーフターム。
(同じマンチェスターでも行政区によって休みの週が違ったりするからイギリスって謎です。)

そうなると、どこかに行きたいという子供からの圧力が強く押しかかるわけです。
週日仕事を休めないお父さんにしたら、それじゃあ、週末にちょっとどこかへ行こうか、となるのですが...

土曜日、ある方とお話をしました。
ご主人はブロガー。英国内の世界遺産を制覇するのが目標だそうで。
この日もご主人は、奥様と子供達を置いて世界遺産撮影の旅へと出たそうです。
「ハーフタームなのに、一人で、ですか?」
「うちは、もう慣れましたよ。どこかへ一緒に行っても写真を撮るから一人で後からついてきたりしますもん。」

サッカーの季節になると試合を見に行くために、ふらりとパブへ消えたり、TVの前に釘付けになって家族の存在に全く気がつかなくなってしまう夫を持つ妻を、Football widowなんて言いますが、自分のブログ充実のため我が道を行く夫を持つ妻は、さしずめBlog widow。
Widow(未亡人)ですから、ある意味、諦めの境地にいないといけないところがミソです。
もう還ってこないのですから。

まあ、私の場合バレンタインデーさえすっぽかされたくらいなので、それ以下の最低~って感じですが。
「歯を抜いて調子悪かったじゃないか」
調子悪いって分かってたら、モノを持って馳せ参じんかい!と突っ込みたくなりましたが、デリカシーは食べるものだとしか知らないような人に何を言っても無駄なので、止めておきます。

もっとも、私もPCの前に座ったら、ちょっとでは動きません。ちょうどキリがいいところで...なんて思いつつ数時間なんてザラですから。
そんな息子はBlog orphan(ブログ孤児)ってところかも。
事実なだけに言葉が胸にグサッと突き刺さります。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-20 08:32 | 私の毎日
Uターン
本当は、朝一番にヨークへ行くつもりだったんです。

普段は1時間くらいの運転では休憩は取らないのですが、リーズ一歩前まで来ていたので、コーヒー休憩を…と思ったら、
なんかタイヤが燃える臭いがするんです。

見ると、例のぶつけられた側のアーチの内側から煙が出ているじゃないですか。レーサーじゃないんですから、これはまずいです。
ぶつけられたところは、今週修理に出すんで、まだ凹んだままなんです(笑
多分、ぶつけられた時に車輪か何かも一緒にぶつけられたのかもしれませんね。

そうだとしたら、もっとやばいですね。

コーヒーを飲みながら考えました。

ヨークまでは推定であと30分位で到着するだろうから行けないことはないんじゃないかと。

ただ、問題なのが山脈越え
M62はイングランドでも最も高いところを走るだけに、天候が崩れやすくて吹雪きやすく閉鎖されやすいんです。
今日は深い霧が出ていましたよ。
あたり一面真っ白で、遠くの景色が全く見えませんね。


a0005086_6275338.jpg
もし、タイヤが磨耗してパンクするなら知っている道の方が心強いし、マンチェスターまで行けば、友人が住んでいるので何とかなるだろうと思い、Uターン決行。
運転するのも無謀だとも思ったのですが、休みながら戻り、様子をみようと思って。

なので、ヨークの代わりに行ってきたのが、ここ
a0005086_6161630.jpg

熱帯植物園っぽいですが、ここはマンチェスターのトラフォードセンターです。

とても混んでいましたよ。
何かの撮影もやっていました。

着いたばかりですが、まずはお昼を食べようとレストランに入り、待っていると
♪テディ・ベアのピクニック♪の曲に合わせて、やってきたのが、この車。
a0005086_6302671.jpg

座席の場所が良かった息子にカメラを渡して、撮ってと頼んだのですが、ちとタイミングを逃しましたね。
それに、ボケボケ。上の車から撮ったものも息子が撮ったものですが、ボケていて使えないものばかり。アシスタントとして頑張ってくれよっ。

ヨークに行けなかった腹いせなのか自分でも分からないのですがアレコレ買いました。
買い物に疲れたら、やっぱりお茶です。
a0005086_6424078.jpg

お昼にちょっと食べ過ぎた感じがしたので、オーダーしたのは低脂肪のスキニー・ブルーベリーマフィンとブラックのアメリカーノ。
でも、スタバで食べるならやっぱりコテコテのチーズケーキとか甘いマフィンがいいなあ。

ここで、あるものを貰ってきたのですが、それは次回ということで。


というか、タイヤから煙が出てるってのにこんなにのんびりしていていいんだろうか。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-13 06:51 | 私の毎日
私はネフェルティティ
私は
ネフェルティティ

遠い国から嫁いで来た

私は
子供を、主人を愛し、家庭を何よりも大事にする。

夫が行った宗教改革を人は私のせいだというが、
私は、今までに見てきた世界を貴方に伝えたかっただけ。

私というアイデンティティは、ここアマルナに何年住んだとしても変えられないのだ。
変わらないのは、私は私である証拠。


私は
ネフェルティティ

今日も遠い故郷を想う


**************************************

ネフェルティティは絶世の美女だったといわれていますから、こんなことを書いたら、大嘘つきと言われそうですね。
私にとって古代エジプトといえばネフェルティティ。ベルリン博物館にいる彼女からは女らしさがにじみ出ています。
ツタンカーメンの義母ということなど関係なく、彼女そのものに惹かれるのは、彼女の置かれた境遇を想像するからかもしれません。
遠方から嫁いで来た彼女は、習慣の違いに戸惑ったに違いありません。そんな彼女の唯一の心のよりどころは、家族だったのでしょうね。

いつか、ネフェルティティに会いにベルリンへ、そして王家の谷へ行きたいと思っています。
絶対行きます。

今、エキサイト2周年記念のプレゼントを行っています。
その中のひとつ、吉村作治さんからアヌビスの立像フィギュアとサイン色紙セットに応募しました。
既にたくさんのトラックバックが来ていて、とても人気があるけれど、当たるといいな。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-06 09:19 | 私の毎日
マージー・ビートルズ
今日はマンチェスターへ行ってきました。
何をしたかというと、下の画像でお分かりかと。
a0005086_93992.jpg

いただいたお弁当。
和え物もピーナッツ和えで一工夫してあったし、鮭も甘くておいしかったですよ。
a0005086_9395644.jpg

余興はMersey Beatles
ビートルズのトリビュートバンドで、リバプール出身と言う割にはあまり訛っていなかったような。
近くで見ると顔が似ていないけど、声はそっくり。グーです。
踊りたかったけど、誰も踊っていなかったので自分をぐっと抑えました。
a0005086_9393759.jpg

後は、あえて書かないことにしておきます(笑

皆さん、お忙しいのに準備大変だったと思います。お疲れ様でした。
そういえば、数年前の新年会でゲームの仕切りをされていたのがノーベル賞を受賞した田中耕一さんだったんですよ。
何が起こるか分かりませんね。

ビックリした事が…
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-05 18:38 | 私の毎日