「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:+チョコレート工場の秘密( 2 )
キャドバリーが造った村
工場編はこちら!

チョコレート工場のチョコの匂いから避難して村を散策。
a0005086_18424434.jpgジョージ・キャドバリーが工場を建てる時に、市街地ではなくて郊外に建てたかったそうで、何もない田園地帯に工場を建てた際に従業員が住む家や学校、教会を一緒に造りました。
それがここ、ボーンビル。
うちの近くにもリーバが造った街、ポートサンライトがあるから、こういった村はイギリス各地にあるのかもしれません。
a0005086_1828342.jpg 近くに行くまで何の建物か想像つきませんでした。
こんなに素敵な小学校の建物は見たことないです。

a0005086_18292024.jpg英国最大級のキャリヨン(鐘塔)を持つ
公立中学校。
デザインも凝っています。

都市計画がきちんとされているなあと実感します。

a0005086_18323956.jpgタウンハウス風の元従業員住宅。
福利厚生も当時からしっかりしているのでしょう、工員がウェディングの後に披露宴をするところとして開放されたホール(一番上の写真)やプールとかもあるんですよ。

企業もただ施設を建てるだけではなくて、このくらい美しく造ってほしいです。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-08-26 18:38 | +チョコレート工場の秘密
チョコレート工場の秘密
キャドバリーの村はこちら!

a0005086_1732962.jpgバーミンガム郊外にある村、Bournvilleに行ってきました。
Bournvilleと聞いて、キャドバリーに同じ名前のチョコがあると思った人もいるかもしれませんね。
a0005086_186232.jpg
19世紀後半に建てられた女子工員専用入り口がそのまま工場入り口、受付になっています。保存建築として指定されているそうで、後ろの工場に直接つながっているのも、ミスマッチな感じです。

a0005086_17402124.jpg今回の目的は、工場敷地内にあるCadbury World。
チョコレート工場見学にGO!!
さっそく受付で一人2個ずつチョコレートをもらい、中へ。

a0005086_17433167.jpg チョコレートの歴史とか、会社の歴史の展示がありましたが、はっきりいってそんなものはどうでもいいといった子供連れでいっぱい!
歩きながらチョコをモリモリ食べている姿をみて、映画「Charlie and the Chocolate factory」に出てくる親子を思い出しました。
やっぱりチョコ好きだから来るのね。

肝心な?工場見学の部分は写真撮影禁止でした。残念。
ここの見学コースは一応透明なバリア越しに見ることになっているんだけど、上下の部分は隙間があるし、工員も歩いていたりするから閉ざされた通路っていう感じでは全くないんです。

チョコの最終段階の攪拌機のある階に行ったら、ものすごいチョコの匂い。
そこでもまたチョコを2つもらいました。

チョコレート大好きです。
でも、さすがに胸がムカムカしてきます。
そのうちに、なんか息ができない、息苦しい感じになってきました。
手作りチョコの実演と試食のコーナーに来ました。でも、試食なんてしたら気持ち悪くなりそうです。
それでもモリモリ食べ続ける親子がたくさん...
見ているだけで、胸がいっぱいになってきます。

降りたらチョコの匂いはなくなったのですが、お土産でチョコを買おうなんて気持ちは微塵もなくなってしまいました。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-08-26 18:07 | +チョコレート工場の秘密