カテゴリ: L英国食事情( 79 )
心臓を食らふ
私ね、今住んでいるところには合っていないと思うのよ。

はぁ

私、生まれも育ちもリバプールの労働者階級の家だからさ。
ここに25年住んでいるけれど、なんかしっくりこないのよね。


そういうもんですか。

そうよ、労働者階級っていったらね、食べ物だって全然違ったのよ。
サンデーローストと言ったら、ハートのローストだったのよ。



と、いう会話の後にラムの心臓を2.5kgほど頂いて帰ってきたので典型的なリバプールの労働者階級の食事の再現してみました。

Roasted Lamb's heart with sage and onion stuffing
ラムハートのロースト


味はですね、レバーに似ているけどもっと淡白な味。当たり前ですが、ラムの味がします。グレービーがあってもよかったかな。

a0005086_21391663.jpg


ストッフィングはローストチキンに詰める、アレですね。
ハートのローストを作ると言ったら、セージとオニオン?って聞かれたので、この組み合わせが最も一般的みたい。

作る工程を全く見ずに、盛り付けたところを食べるのなら、何の抵抗もなくパクパクといけると思うんですけど、心臓ゴロゴロを見ていると確実に食欲を失います。

だって、これがオーブンから出したばかりの状態だもの。

ショッキングなので、あえてMOREに入れてみました。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-07-11 21:44 |  L英国食事情
勝手にマフィン対決
季節柄登場する機会が多いクランベリー。
いつもの10倍位食べている気がしますが、今回もまた。

スタバのオレンジとクランベリーのマフィン
Orange and Cranberry Muffin
一緒に飲んだのは、ペパーミント・ラテ
ちなみに前回のオレンジとクランベリーのマフィン@Costa編はこちら。

さすが、メニューがかぶっています。
a0005086_3375595.jpg


スタバのほうが、ボリューム感があります。
ちょっと大きく見えるけど、実際は同じ大きさとか???

マフィンはローカロリー版のSkinnyを頼んだつもりだったのに、マフィンを切るのに使っていたナイフをふと見ると油が...

キャー、カロリーがっ(←典型的な運動よりカロリーを気にする人間)
ペパーミントラテと一緒に食べるなんて禁じ手だわ。

道理でマフィンがしっとりとしていると思ったのよね。

ペパーミントラテは日本のスタバでもお馴染みメニューですね。
それにしても、クリームたっぷりでシロップたくさんで甘いぞ。

たまにならいいけど、登場頻度が高いとまずいかもしれない...

とカロリーを非常に気にしながら食べている私の横で、チョコレートデカダンスケーキとストロベリー&クリームフラペチーノという、これまた超甘い組み合わせをぺロッと食べている息子。
これで、太ったというならホレ見たことかというところなんだけど、ここ一年スリムになったので去年よりもズボンのサイズが小さくなった!!かなり羨ましいぞ。



そして、おさらい。

普通、カロリー控えめのマフィンは油脂をかなり削るのでパサパサしているのだけど、Costaのマフィンは割としっかりしていて合格。
スタバのマフィンは大きい感じでお得感も倍増。
ケーキやマフィンを食べるならシンプルに紅茶かブラックコーヒー(もちろん砂糖なし)に限るということで、Costaで食べた組み合わせの方がいいかも。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-12-19 21:38 |  L英国食事情
オレンジとクランベリーのマフィンOrange and Cranberry Muffin
クリスマスショッピングに疲れたらお茶が一番。

買い物そのものではなくて、人ごみに疲れちゃいますね。

CostaのオレンジとクランベリーのマフィンOrange and Cranberry Muffin
only 5% fatと書いてあるローカロリーバージョン。
といっても、元の油脂量が多かったら5%でもかなりのものなんですけどね。
a0005086_3365742.jpg

珍しく、紅茶と一緒。
このティーポットが欲しいな。

でも、これ以上ティーポットがあっても使わないだろうし。
ところで、Costaはお茶&コーヒーのWittardの系列なんですね。今気が付いた。


昨夜は、マンチェスターの友人の家でご飯をご馳走になりました。
最近、彼女の家の近くの魚屋さんで刺身だけでなく、お寿司も売り出すようになったとか。
素敵なオーガニックのお店や国際色豊かなデリカテッセンがある地域で羨ましい!家の周りには、そういうのってないですから。
楽しくて、気がついたら夜中の2時!
今日は親子でのんびり~と過ごします。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-12-17 03:37 |  L英国食事情
夕飯が億劫な時は
お昼ごはんを食べないまま仕事をして帰ってきたのが6時ちょっと前。
もう作るのも億劫なのでこういう時は、はす向かいのChippie(fish & chip shopのこと)へ直行です。もっとおいしいChippieもあるのですが車で行く気にはならなかった…
a0005086_15342870.jpg

抜歯したところがまだ治っていないので、だらだらと時間をかけて食べていたら、おいしいと思わなくなったのは気のせいでしょうか。
確かにこれは冷めるとダメなのですが。


とはいえ、ええい、もう面倒だっ、と思うのは私だけではないようです。
保険会社のMore Th>n が1400人を対象に行った調査によると、イギリスでも今では長時間の通勤と超勤は当たり前で、時間通りに帰宅して台所に立つのは週3日がやっとだという。
Britons 'too busy to cook'


外食は高くつくし、テイクアウェイも辛いの嫌い、ココナツ嫌いの息子にはインド料理の選択はありえないわけで、いつもの中華になってしまいます。(まだまだ子供だな)
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-19 03:08 |  L英国食事情
中華鍋
毎日寒いですね。
ここリバプールも今日は寒かった!今の外温0℃!
こんな日は一日中霧に包まれています。

そういうときに食べたくなるのが鍋
友人に誘われマンチェスターの中華レストランへいってきました。

ものすごいボリュームに周りのお客さんも圧倒されていましたよ。
a0005086_7485567.jpg

この鍋は中国では旧正月に食べるのだそうで、なぜか、これは英語のメニューには載っていないんです。
「中国人メニュー」なのよ、と友人は言っていましたが、イギリス人は「一人一皿で自分の料理」を食べるので、みんなで鍋をつつく習慣がないからってのもあるでしょうね。

食べても食べてもまだあるお鍋…素敵です。
でも、さすがに全部は食べられなかったのでお持ち帰りにしましたよ。
今晩もうちで一人鍋です。おいし~



ところで、今週は旧正月。職場の子供たちにも、DVDとか見せていたのですが、その中で、手作りの水餃子にコインを入れてました。
コイン入りの餃子を当てた人は幸運があるんですって。
それってイギリスのクリスマス・プディングにそっくりなんです。
中国では餃子はおめでたい時に食べるものだと聞いたことがあるけれど、本当だったんですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-01-23 07:48 |  L英国食事情
腹が減っては…
IKEA好きです。

ただ、一度中に入るとアラジンの洞窟のようにいろいろなものに魅了され、なかなか出て来れないので困ったものです。
なので、まずは腹ごしらえ。だって、夜仕事した後で車を走らせてますから。
9時過ぎてますから。
a0005086_11552874.jpg

スウェーデン風ミートボールとこれまたちょっとイギリスとは味が違うグレービー。甘いカラントソースがついているのですが、ポテトフライに埋もれてしまい見えませんね。

日本も同じようなメニューがあるのかな。

今回は、コーヒーマシーンの調子が変で毎回あふれてましたよ。もったいない。
ケーキは、あー見なかったことにしてください(笑

結局、閉店時間(深夜12時)までいました。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-01-19 12:03 |  L英国食事情
最後の晩餐
タイトルだけ見て、ええっ!!と思った人、ごめんなさい。
2005年12月31日、最後のご飯は巨大なものでした。

というわけで、前回の花瓶パフェに続く謎のガーデンセンター内カフェレポ第3弾です。

今回は、お腹が空いていたのでサーモン・パンケーキと紅茶をオーダーしてみました。

ティーカップの大きさと比べてみましょう。
画像が暗いのは、性格が暗いから室内だから。
a0005086_9433894.jpg

キュウリもイギリスのですからね、大きいのですよ。それでも、大きく見えないところが怖いです。
パンケーキの中には、鮭がたっぷり~
ちょっとハーブが入っているくらいのあっさり味で、軽~く完食!
…なんて無理無理。
一本目の半分を食べた頃から、もういいかなって気がしてきました。

雰囲気も個人的には好きな所なので、彼と行って半分ずつ食べるなんていいと思います。
(まず彼を作れよ、って突っ込みはなしでよろしく(笑))
[PR]
by lisalisa9 | 2006-01-05 09:54 |  L英国食事情
今年も七面鳥を焼いたよ
今年も七面鳥を焼きました。
典型的なイギリス家庭同様、クリスマスの午前中に焼きます!(実際に焼いたのは昨日だったけど突っ込まないように)
a0005086_093346.jpg


今回はセインズベリで買った体重4kgの小さな冷凍七面鳥。
4人~6人前です。
冷凍の方がフレッシュなものに比べて半額くらいの値段で買えます。この大きさで冷蔵庫で2、3日かけて解凍する必要があるので、ある程度冷蔵庫内に余裕がないと無理ですね。
a0005086_23415963.jpgこれは、PAXO
首の部分に入れる詰め物、ストッフィングミックスです。
レッドカラントがクリスマスっぽくていいんじゃないかしら。
箱には「ラム料理に最適」なんて書いてありますが、無視無視。

a0005086_23421295.jpg見ると分かりますが、主成分はパン粉。これにお湯を足して柔らかくしてから詰めます。
うちはこれにソーセージミートを混ぜます。手作りするなら、古いフランスパンとお好みのハーブを入れるだけでOKです。

詰め物は首の部分に。残ったストッフィングはミートボール状態にして冷蔵庫へ。
七面鳥が焼けたあとに調理を始めるくらいで、時間的にはちょうどいいはず。
a0005086_23424037.jpg
バターを塗ってアルミ箔をしてオーブンへ。この大きさで2時間焼きます。その間ブログでもしていましょうローストポテトの準備です。ジャガイモは下茹でしておき、粉ふきいもを作る要領で粉をふかせて塩コショウ。
七面鳥は2時間後にアルミ箔を外して焼き色をつけます。この辺りで付け合せの野菜のローストとローストポテトも一緒にオーブンへ。

2~30分して焼き色がついたら、七面鳥は取り出し熱をとり肉を落ちつかせます。じゃないと、スライスした時にボロボロになります。
スライスできる頃には野菜もできているはず。その辺りは適当に。
a0005086_23425482.jpg

なんか、ソーセージの部分だけ色が濃くなっちゃいましたね。それに盛り付けるとかなりの量。これを2人で食べるんですから。
a0005086_23432413.jpg
皿に盛るとこんな感じ。
ソースは、定番のグレービーの他に、クランベリーソースと手製のブレッドソース。
ブレッドソースは、「ミルキーなパン粥」と思ってください。下味にたまねぎとクローブが入っています。

味ですが、去年の七面鳥の方が段違いでおいしかった…
去年は、フレッシュでサイズももうちょっと大きかったんですね。
この鳥はチキンに比べて骨が大きいのでサイズが小さいとかなり筋っぽく、硬くなることを忘れていました。
それに、冷凍の場合は工程の関係で水分の含有率が大きいんです。だから同じ重さで、しっかり解凍しても焼きあがりは全然違うんですね。


この後にデザートが続くのですが、とても食べられる状態ではなかったので、仕事から帰ってきたら続きを食べたいと思います。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-25 22:33 |  L英国食事情
格闘記録
今週更新が鈍っていたのは火曜日にこれがあったから。
a0005086_10314418.jpg

ローストターキーの胸肉です。
これで約50人分。もうちょっと薄くスライスした方がいい気もしましたが…

月に一度のチャリティランチですが、今回はクリスマスランチ。
全予約制で、3コース。
a0005086_10593975.jpg

月曜日は仕事から帰ってきて、ずうっと下ごしらえしていました。
当日の火曜日は朝から、作りおきができないローストポテトを延々と作っていました。
もちろん、シェリー片手です。

肝心のランチの写真は忙しくってとてもじゃないけれど撮っている暇がなかったので、来年までお待ちください(笑



新しい職場になってから、チャリティランチのお手伝いはパスさせてもらっていたのですが、今回は特別。
今回も収益金(といってもほとんどありませんが)は、障害児のアフタースクールクラブに贈られます。

来年の夏、息子をボランティアとしてもぐりこませることになっていたりします。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-09 11:04 |  L英国食事情
クランベリー入りチーズ
Wensleydale with Cranberries
クランベリー入りのウェンズリーデール・チーズ

ウェンズリーデールといえば、ウォレスとグルミットのウォレスが大好きなチーズ。
クランベリーが入っているところがクリスマスっぽいです。
a0005086_5184387.jpg

ポロポロしたところが撮りたかったのですが、おまけに付いてきたごく普通のデジカメでは限界がありますね。
なぜかフォークにピントが合っちゃっているし。

どこかにサンタさんがいて高性能デジカメをプレゼントしてくれるといいのにな…
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-04 05:29 |  L英国食事情