カテゴリ: L英国食事情( 79 )
遅かったパンケーキ
ちょっと萎えていました。いろいろと。

イギリスでは、8日火曜日がパンケーキデー。
この日は月齢カレンダーを使ったお祭りのイースターから逆算して決めるから毎年移動します。

今見たら、去年のパンケーキデーの記事を既に書いているんですね。
去年は遅かったものね。
a0005086_17184320.jpg今年は完全に手抜きです。
ASDAでBatter Mix(溶いた小麦粉のことをバターという)を買ってきて、卵一つと水300ml混ぜるだけ。
最近買ったティーファルのフライパンが大活躍。
やっぱりくっつかないフライパンじゃないとひっくり返すのが大変。
a0005086_17245064.jpg

今年はごくシンプルに、バニラシュガーとレモン、ハチミツだけ。

冷蔵庫のお好みソースを見て、お好み焼きの方がよかったかなと反省。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-02-11 17:30 |  L英国食事情
コロネーションチキン
今日は、久しぶりに人間らしい生活をした気がします。
お天気のせいかもしれません。
いつものように運河の隣に駐車して、村の小さなパン屋兼カフェで友人とランチ。
a0005086_1173324.jpg

運河に停泊しているカナルボートから焚き木のような懐かしい匂いがしてきます。
中のストーブを焚いているのでしょう。

この小さいカナルボート用のストーブを買って家の中に置くのが密かな夢だったりします。

a0005086_11231528.jpg

カフェで食べたのは、ベイクドポテト。
中はコロネーションチキン。
ほとんどカレーの味は しないのだけど、レーズンの代わりに本物のブドウが入っていてとてもフルーティ。
これだけでは、ちょっと足りないかんじだったので、しっかりケーキを買って帰ってきました。

どうです、量的には全然多くないでしょう?
[PR]
by lisalisa9 | 2005-01-30 11:28 |  L英国食事情
イギリス・ハッピーミールのオモチャ
昨日の夜はマクドナルドでした。
a0005086_2132544.jpg昨日チャリティランチがあったので、もう台所に立ちたくなかった…と言い訳しておきます。
オーダーしたのはハッピーミール、マクフルリーとコーヒー、すごい組み合わせですね。
ハッピーミールにコーヒーは付けてもらえないだろうから、セットに付けたのがフレッシュオレンジジュース。
「フレッシュ」と言わないと、ファンタが来ちゃうので要注意。

a0005086_2155774.jpg
マクフルリー(McFlurry)は、期間限定のマンチーズ(Munchies)。
トフィーソースがたっぷり、カロリーもたっぷりの一品。

ハッピーミールに入っていたオモチャは、クマのパディントン。
ミニ絵葉書がかわいいです。
人形の方はたぶん、トイレに飾ると思います。
ごめんね、パディントン。


a0005086_2183617.jpg

[PR]
by lisalisa9 | 2005-01-19 21:15 |  L英国食事情
イギリスのクリスマスケーキ
チャリティ・ラッフルで当てたクリスマスケーキ。

食べます。
a0005086_2163062.jpg

上に乗っているのはクリームではなくて、アイシング。
粉砂糖に水を混ぜてペースト状にしたものですね。
アイシングの下はマジパン。
これ、ちょっと苦手です。

a0005086_217228.jpg

クリスマスケーキと聞いて、中味は何だと思いますか?
お酒につけたドライフルーツ、黒砂糖をふんだんに使ったケーキです。
ドライフルーツの仕込みを考えると、1,2ヶ月前から作り始めないといけません。
ワタシのような気の短い人は、買ったほうが無難です。
味は、重い味です。(←意味不明でごめんなさい)ドライフルーツの重さとしつこい甘さでうっときます。
コワントロー入りのダブルクリームを売っていたのでそれと一緒に食べたのですが、このクリーム、オレンジの味がちょっとしておいしい!
買いです。

これと同じレシピなのが、意外に思うかもしれないけれど、ウェディングケーキ。
密封容器(缶でもいいけど)に入れて、時々ブランデー辺りのお酒を足せば思いっきり長持ちします。
なんたって、結婚3周年のお祝いに一切れいただいた事があるくらいですから。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-26 02:17 |  L英国食事情
七面鳥が焼けた
前回の続きです。うっかりしていたら、クリスマスになってしまう!

一気にいきましょう!
a0005086_18481951.jpg

左から、オーブンで2時間経ったところ。最後の30分はアルミ箔なしです。
中央、出来上がり。色が全然違うでしょ?このまますぐには食べられません。
最低10分から30分ほど置いてからでないと、うまくスライスできずにボロボロになってしまいます。始めの頃は、それを知らなくてよくぼろぼろにしてました。
右が、ロースト中に出てきた焼き汁。これに私はジブレットとくず野菜の茹で汁を入れ、火を通した後、一度漉してからチキンストックを入れ、コーンスターチでとろみをつけてグレービー・ソースにします。

a0005086_1848574.jpg
あとは適当に…
ローストポテト、ミニソーセージにベーコンを巻いたもの(キルトを着たソーセージって名前がついている)、ローストした人参、パースニップ、オニオン、ねぎ、ローズマリー。
これだけあれば十分でしょう。

というか、2人でこれは多い!
イブから食べ始め(本来は当たり前だがクリスマスに食べる)きっと、26日のボクシングデーも食べているでしょう…ううっ
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-24 23:28 |  L英国食事情
もうすぐクリスマス~七面鳥を焼くの巻~
今年は、クリスマスも仕事が入っているので、極力手抜きをしようとターキーの胸肉のローストでごまかそうと思っていたのですが、
「鳥の形をしたのがいい~!」と息子に言われ、しぶしぶ買ってきました。
解凍する手間が面倒だったので、フレッシュの七面鳥です。

a0005086_23251247.jpg当然ですが、ポッシュなM&S(マークス&スペンサー)では買いません。
庶民の味方のASDAです。
うちは、2人家族なのでで十分。それでも、3.4kgもあります。
はっきり言ってこれ以下の重さになると、骨が多くてパサパサしておいしくなくなるのでチキンかガチョウがオススメ

11ポンド15ペンスということは単純に1ポンド200円として計算すると2230円。
高いのか安いのか分からない…

a0005086_23312863.jpg 袋から出した状態。
生々しいですね。
首か腹部にジブレットと呼ばれる『内蔵』が入った袋があるので、取り出してさっと洗います。
ま、洗うという大きさじゃないし、冷凍じゃないのでそれほど気にする事もないかな。
内臓の部分は、ほとんどのイギリス人はグレービーを作った後に捨ててしまうけど、私は食べちゃいます。レバーとかは結構おいしいと思うんだけどな。

a0005086_23371681.jpg首の部分に詰める『ストッフィング』いつもは手作りですが、今年は手抜き。
ブタソーセージ肉に栗とリンゴが入ったもの。おいしそう…
手作りする時は、パン作りに失敗した時に大量に作っておくパン粉に、とりあえずその辺にあるハーブを混ぜ、ソーセージ肉と栗を混ぜて適当に作ります。
ソーセージ肉は入れなくてもいいけど、入っている方が10倍おいしいと思う。
とりあえず何かを詰めないと、出来上がりがかっこ悪くなるのは確か。

a0005086_2349026.jpg詰め物をしたら、全身に油を塗りましょう~
オリーブオイルでもいいけれど、今回は伝統的なバター。バターを塗る前に、にんにくを全身にこすり付けてます。ちょっとだけ香りがするくらいになるはず。
塩やコショウは七面鳥の水分を抜いてしまうので、あまり使わない方がいいのだとか。
なので、バターの他には塩は使っていません。
a0005086_2354133.jpg水分が抜けないようにアルミ箔をかけてオーブンへ。
190℃で、この大きさだと2時間半。
最後の30分でアルミ箔を外して焼き色をつけます。

あと1時間

続く(はず)
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-23 23:58 |  L英国食事情
バナナonトースト
お食事中のかた、ごめんなさい

a0005086_20333649.jpg
普通のイギリス人がよく食べる、つぶしたバナナをのせたトースト。
結構お年寄りが好きだったりします。
今回は、ゴージャスにハチミツものせてみました。
始めて見た時は、「うっ」と来るのもがありましたが、慣れとは恐ろしいもので、自分もお昼に食べるようになってしまいました。

といっても、実は温かい(火を通した)バナナは苦手。
後味悪い…

栄養価的には、炭水化物の二重摂取+果糖ということで、これだけでは決してお薦めできるものではありませんね。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-16 20:42 |  L英国食事情
シナモントースト
a0005086_18231182.jpg朝ごはんにシナモントーストが食べたくて作ってみたんだけど、お店で食べたようにならなかったのは何故?

ハチミツとシナモンだけだと、薄く砂糖をこがしたようなパリパリ感が出ないのかな?
それともハチミツけちったのかな?
でも、十分に甘いぞ。

よかった、食のブログじゃなくて。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-14 18:28 |  L英国食事情
コーヒーから作ったビール
a0005086_16343886.jpgルワンダ産のフェアトレード・アラビカ豆を使い、醸造したコーヒービールはアルコール分が4%、コーヒー並みのカフェインが入り。
グラス1杯だととてもリラックスできるが、5,6杯飲むと眠れなくなるかも。
ルワンダ産の豆を使うことになった理由は、豆にチョコレートとバニラの味があってそのほうがコーヒービールの味に合うのだという。
試験的にビールを作る段階でブラジルとコロンビアのアラビカ豆も試してみたところ、それぞれ渋みとナッツのような味があったそうだ。ビール自体の味が渋くてナッツのような味があるからこの組み合わせではなく甘くスムーズなルワンダ産に。
ビールはスーパーチェーン、セインズベリで購入可能。
Rwandan coffee used to make beer
これ、結構おしゃれじゃないですか。大人の飲み物みたいで。
(あ、お酒は大人の飲みものですが、そういう意味じゃなくて。)
そのうちにスタバでも飲めるようになったりして。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-09 16:46 |  L英国食事情
アドベント・カレンダーまでもチョコ
a0005086_1724126.jpg何かにつけてチョコレートを食べるイギリス。
これは、チョコのアドベントカレンダー。
12月1日から毎日窓を一つずつ開けていき、最後の窓はクリスマスというわけ。

子供用にバービーとか機関車トーマスとかいろいろなものがあります。
さすがに息子にトーマスっていう年齢ではないので、『普通』のにしてみました。
食べた後は小さなチョコ型としても使えますね。

それでは、チャリティ・ランチに行ってきます!
コメントのお返事、もうしばらくお待ちを!!
[PR]
by lisalisa9 | 2004-12-02 17:29 |  L英国食事情