カテゴリ:写真・風景( 79 )
遅刻の理由
いえ、遅刻はしなかったのですが、家を早く出た意味がなくなってしまった...
a0005086_17204987.jpg

跳ね橋が上がっているし、船も通過中だからまたすぐに開通するだろうと待っていたのに、橋が降りない。
息子が、「船、あと2隻通過するよ、見て」
...もう2隻というか、タグボートが船を引いている。
それも結構大きく、橋幅ぎりぎりらしくて入り口で何度もバックしながら位置を変えている。

こんなの待ってたら、遅刻しちゃうじゃない!!!

回り道をして次の橋へ。

埠頭を渡らないと行けないなんて、陸の孤島じゃないんだから...
[PR]
by lisalisa9 | 2004-07-30 17:33 | 写真・風景
決死のターン
オートマ運転歴18時間の私。
慣らし運転で高速に乗りました。
もちろん、彼がお目付け役で横に座ってあーでもない、こーでもないと言っています。

せっかくだから写真を一枚撮ろうと運河の停泊所へ。
前から車を入れて駐車したら、すかさず
「あー、いつも後ろから入れるようにしたほうがいいよ」

え?何言ってるの?
車のブーツ(トランク)の長さの感覚がつかめていないっていうオートマ初心者の私に
車止めがない所にバックで入れろとおっしゃるのですか??

ここですよ、ここ ↓↓
a0005086_8220.jpg
運河に落ちたらどうするの?
責任とってくれるの?
って言ったら
「大丈夫だよ」と軽く流されました。

まあ、確かに運河の水深なんてあって1.2mしかないから落ちても命にかかわることはないけど、でも、はまりたくないです。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-07-04 08:23 | 写真・風景
かかしまつり
Thornton Houghのかかしまつり
a0005086_161322.jpg

1999年から始まった新しいお祭りだけど、2000年にはギネスブックにも挑戦。
Thornton Houghはその昔、『イングランドでもっとも美しい村』に選ばれたこともあるほどきれい。
「かかし祭りの最終日は外で飲んだり食べたりするから、またおいで」と言われました。
お祭りは今日までです。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-07-03 16:14 | 写真・風景
ルイス・キャロルの生誕地
不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫
作者のルイス・キャロルはチェシャー州のデアズベリーに生まれました。
(Deresbury, Cheshire)
彼は、オックスフォードのクライストチャーチ校で数学を教えていたのは有名だけど、生まれたところについてはあまり知られていないんですね。

ゆかりの地だから何かないかなあ、と思い仕事の帰りにふらっと立ち寄ってみました。
が…本当に何もない…
家が5軒ほどとパブが一軒。そして、教会が。
生い茂った草に隠れるようにして立っている看板にかろうじて、ルイスキャロル・メモリアルウィンドウの文字を発見!!
a0005086_183226.jpg

入り口に真っ青の巨大看板があって、そこにはルイスキャロルの生誕地って書いてありました。(趣味悪すぎ。写真が使えなかった!)
でもまさか、教会の中で生まれたわけじゃないだろうし…?
中へは入れなかったので、どれがメモリアルウィンドウなのか分からない。残念。
時間がある方は中に入ってみてくださいね。
最寄の大きな駅はRuncornと Warrington。車で10分位かな。
Chester からは高速で、Liverpoolからは一般道でそれぞれ30分くらいの所にあります。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-20 18:33 | 写真・風景
同じ公園へ
a0005086_205856.jpgイングランド北西部は、もう夏の陽気。
なので先週と同じ公園を散歩。
とにかく道を覚えなくっちゃ。


一年で一番庭が美しい時期の今、友人は隣家に負けじとせっせと庭師に金をお払っている。
週に一度で、一回7000円くらいかかるとか。高いぞ!
「でも、庭に花が咲き乱れるところなんか、チェルシー・フラワーショーみたいですっごく素敵なのよ。」
見に行きたい所だけど、彼女の家はただ今蚤の大発生中。
もう『バル○ン』も効かないとか。

治まるまで遊びに行くのを控えますわ。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-13 20:57 | 写真・風景
スタイル
a0005086_154752.jpgstile(踏み越し段)

遊歩道を歩いているとこの手のものをよく見かけます。
柵の一部で人間だけ通れるようにしたものです。

これは通り越しやすいようにハンドルの部分を持ち上げると上3段が上に倒れる優れもの。
ちなみにこのスタイルの手前と向こう側では持ち主が違っていて、こちら側はナショナルトラストの管轄です。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-09 15:49 | 写真・風景
案内人が欲しい
a0005086_153858.jpg道なき道を歩いていて、こういうものに遭遇すると
「よかった~道を歩いているんだ」ってほっとします。

この先も延々と続いているんだけれど、どこに続いているんだろう。
地図か案内人がいれば安心して歩けるんだけどな。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-09 15:40 | 写真・風景
魚釣り
a0005086_35131.jpg深い緑色の池…
あまりきれいには見えないのですが、釣り人が結構いました。

画像の男性の横にはフリースを着た男性が座っておりました。
さすがに暑そう。

脇を通った時にはちょうど小さな魚(名前を忘れた)を釣り上げたところ。
「コリャ小さい方だよ」ですって。
聞けば、フリース姿の友人が大物釣りに挑戦中だとか。
暖かくてお天気がいいから水面に上がってくるのが見えるそうで、ほらそこにいるだろと指差した方を見ると、40センチくらいある魚の背びれが水面スレスレの所を泳いでいるのが見えるんですね。

その動きを追って眺めているのは、すごく気持ちがいい…

ところで大物釣りに、餌は何を使っているのか聞いたら、
SPAM
という答えが返ってきました。
(ドッグフードでもいけるそうです)
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-08 03:52 | 写真・風景
ミニ機関車 2
a0005086_33259.jpg
蒸気機関車は小さくてもパワーがあるんですね。
レールが高いところにあるので、汽車に乗っているというよりはジェットコースターに乗っているような感じがします。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-08 03:34 | 写真・風景
ミニチュア機関車
a0005086_32630.jpg
昨日行った公園では、週末になるとミニ機関車が走ります。
ミニとはいえ、石炭を使う本格的な蒸気機関車です。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-06-08 03:27 | 写真・風景