「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:観たり聴いたり( 48 )
W杯イングランド応援歌特集(リンクつき)
サッカーワールドカップも間近...

イングランドの応援歌もいろいろリリースされています。

というわけで今日はイングランド応援歌をちょっと集めてみました。

◎まずはFA公認の応援歌はEmbraceのWorld at Your Feet
EmbraceのオフィシャルHP&ビデオはここからどういう基準で選ぶんでしょうか?

(Is This The Way To) The World Cup - Tony Christie ビデオはここからあの「恋のアマリロ」W杯バージョンですね。キャッチーだけど3匹目のドジョウはいかに?

Hurry Up England - Sham 69 & The Special Assemblyビデオはここから結構いけるんじゃないかとの前評判がありますがどうでしょ?

World In Motion- New Orderビデオはここから
前回はオフィシャル。ニューオーダー唯一のナンバーワンヒットで復活できるか?

Crazy Frog - We Are The Championsビデオはここからううっ、悪夢だ...

湖水地方、カンブリア州観光協会は、威風堂々を羊が歌います。ビデオはここから

他にもたくさんあるのですがスリーライオン級のヒットとなると難しいかも。
[PR]
by lisalisa9 | 2006-06-05 03:10 | 観たり聴いたり
裏BritsのNaomi賞が発表
昨年の最低アーティストを表彰する裏Britsのナオミ賞が発表された。

最低ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト Worst British Male Solo Artist
     - リー・ライアン Lee Ryan
最低ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト Worst British Female Solo Artist
     - リサ・スコット・リー Lisa Scott-Lee
最低ブリティッシュ・アルバム Worst British Album
     - ステウィーブ・ブルックスタイン ハート・アンド・ソウル Steve Brookstein, Heart and Soul
最低ブリティッシュシングル Worst British Single
     - リサ・スコット・リー エレクトリック Lisa Scott-Lee, Electric
最低ロックもどき Worst Attempt at Rock
     - サン・オブ・ドーク Son of Dork
最低アーバンアクト Worst Urban Act
     - ミズ・ダイナマイト Ms Dynamite
最低ライブアクト Worst Live Act
     - ベイビーシャンブルズ Babyshambles
最低ポップアクト Worst Pop Act
     - リサ・スコット・リー Lisa Scott-Lee
最低インターナショナル男性ソロ・アーティスト Worst International Male Solo Artist
     - ジャック・ジョンソン Jack Johnson
最低インターナショナル女性ソロ・アーティスト Worst International Female Solo Artist
     - ジェシカ・シンプソン Jessica Simpson
最低インターナショナル・アルバム Worst International Album
     - ウェストライフ フェイス・トゥ・フェイス Westlife, Face to Face
最低インターナショナル・グループ Worst International Group
     - ウェストライフ Westlife
最低インターナショナル新人賞 Worst International Breakthrough Artist
     - プシーキャット・ドールズ Pussycat Dolls
音楽業界に悪い影響を与えたで賞 Outstandingly Bad Contribution to Music
     - ウェストライフ Westlife

ナオミ賞は、モデルのナオミ・キャンベルの短命だった音楽キャリアから名付けられ、デジタルチャンネルのミュージックチョイス視聴者による投票と音楽関係者によってそれぞれの賞が選出された。

Westlife win 'worst' music award


リー・ライアンは、元ブルー。リサ・スコット・リーは元ステップ。昔バンドやってましたって人にちょっと厳しい感じもしますね。
リサのほうは、ちょっと前までVH1で再起をかけるというリアリティTVやってましたが、やっぱり無理なものは無理なのよね、ということで。
結構いいところをついている感じがしますが、あまり書くと不幸のコメントが来そうなのでこの辺にしておきます(笑
[PR]
by lisalisa9 | 2006-02-15 10:56 | 観たり聴いたり
BRITs2006 ノミネート者一覧
昨年一年の英国ミュージック界の総まとめと言えるBRITs(British Record Industry Trophys英国レコード協会大賞)が今年も2月15日にロンドンのアールズコートで催されます。
10日、その各賞のノミネート者が発表されました。

British Male Solo Artist 最優秀男性アーティスト
Antony and the Johnsons アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ
Ian Brown イアン・ブラウン
James Blunt ジェームス・ブラント
Robbie Williams  ロビー・ウィリアムズ
Will Young ウィル・ヤング

British Female Solo Artist 最優秀女性アーティスト
Charlotte Church シャルロット・チャーチ
Kate Bush ケイト・ブッシュ
Katie Melua ケイティ・メルア
KT Tunstall ケイティー・タンストール
Natasha Bedingfield ナターシャ・ベディングフィールド

British Group 最優秀ブリティッシュグループ
Coldplay コールドプレイ
Franz Ferdinand フランツ・フェルディナンド
Gorillaz ゴリラズ
Hard-Fi ハード・ファイ
Kaiser Chiefs カイザー・チーフズ

MasterCard British Album マスターカード・最優秀ブリティッシュ・アルバム
Coldplay コールドプレイ X & Y
Gorillaz ゴリラズ Demon Days
James Blunt ジェームズ・ブラント Back To Bedlam
Kaiser Chiefs カイザー・チーフズ Employment
Kate Bush ケイト・ブッシュ Aerial

British Single 最優秀ブリテッシュ・シングル
イギリスのコマーシャルラジオ局の聴視者によって選出

Coldplay コールドプレイ Speed Of Sound
James Blunt ジェームズ・ブラント You’re Beautiful
Shayne Ward シェイン・ワード That’s My Goal
Sugababes シュガベイブス Push The Button
Tony Christie ft Peter Kay (Is This The Way To) トニー・クリスティーAmarillo

British Breakthrough Act 最優秀新人賞
BBC Radio 1の聴視者によって選出

Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ
James Blunt ジェームズ・ブラント
Kaiser Chiefs カイザー・チーフズ
KT Tunstall ケイティー・タンストール
Magic Numbers マジック・ナンバーズ

British Urban Act 最優秀アーバン・アクト
MTV Baseの視聴者によって選出

Craig David クレイグ・デイビッド 
Dizzee Rascal ディジー・ラスカル 
Kano 679
Lemar レマー 
Ms Dynamite ミズ・ダイナマイト

British Rock Act 最優秀ロック・アクト
Kerrang! TVの視聴者によって選出

Franz Ferdinand フランツ・フェルディナンド
Hard-Fi ハード・ファイ
Kaiser Chiefs カイザー・チーフズ
Kasabian カサビアン
Oasis オアシス

British Live Act 最優秀・ライヴ・アクト
ライブ・ミュージック・フォーラム協会内で候補者を選出、その後BBCラジオ2の聴視者による投票によって決定

Coldplay コールドプレイ 
Kaiser Chiefs カイザー・チーフズ
Franz Ferdinand フランツ・フェルディナンド
KT Tunstall ケイティー・タンストール
Oasis オアシス

Pop Act最優秀ポップ・アクト
CD:UKの視聴者、日刊紙the Sunの芸能コラムBizarre、携帯会社O2とMotorolaのユーザーによって選出

James Blunt Atlantic ジェームズ・ブラント
Katie Melua ケイティ・メルア
Kelly Clarkson ケリー・クラークソン
Madonna マドンナ
Westlifeウェストライフ

International Male Solo Artist 最優秀インターナショナル・男性ソロアーティスト

Beck べック
Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン
Jack Johnson ジャック・ジョンソン
John Legend ジョン・レジェンド
Kanye West カニエ・ウェスト

International Female Solo Artist 最優秀インターナショナル・女性ソロアーティスト

Björk ビヨーク
Kelly Clarkson ケリー・クラークソン
Madonna マドンナ
Mariah Carey マライア・キャリー
Missy Elliot ミッシー・エリオット

International Group 最優秀インターナショナル・グループ
Arcade Fire アーケード・ファイア
Black Eyed Peas ブラック・アイド・ピーズ
Green Day グリーン・デー
U2 U2
White Stripesホワイト・ストライプス

International Album 最優秀インターナショナル・アルバム

Arcade Fire アーケード・ファイア Funeral
Green Day グリーン・デイ American Idiot
Kanye West カニエ・ウェストLate Registration
Madonna マドンナ Confessions On A Dancefloor
U2  U2 How to Dismantle An Atomic Bomb

International Breakthrough Act インターナショナル・新人賞

Arcade Fire アーケード・ファイア
Daniel ダニエル・パウター
Jack Johnson ジャック・ジョンソン
John Legend ジョン・レジェンド
Pussycat Dolls プシーキャット・ドールズ

Outstanding Contribution to music 特別功労賞
Paul Weller ポール・ウェラー


BRITs 2006

予想を立てようかと思ったのですが、ここまで書いているうちに燃料切れ…
[PR]
by lisalisa9 | 2006-01-11 10:29 | 観たり聴いたり
過去50年間の英クリスマス・ナンバーワンの曲はこれだ!
1952年からのイギリスのチャートで誰がクリスマス・ナンバーワンにになっているのかが一目瞭然。
なので、ここでは日本語は書きません。
興味のある方は検索してみてくださいね。

2004: Band Aid 20 - Do They Know It's Christmas?
2003: Michael Andrews and Gary Jules - Mad World
2002: Girls Aloud - Sound of the Underground
2001: Robbie Williams & Nicole Kidman - Somethin' Stupid
2000: Bob The Builder - Can We Fix It?
-----------------------------------------------------------
1999: Westlife - I Have A Dream / Seasons In The Sun
1998: Spice Girls - Goodbye
1997: Spice Girls - Too Much
1996: Spice Girls - 2 Become 1
1995: Michael Jackson - Earth Song
1994: East 17 - Stay Another Day
1993: Mr Blobby - Mr Blobby
1992: Whitney Houston - I Will Always Love You
1991: Queen - Bohemian Rhapsody / These Are The Days Of Our Lives
1990: Cliff Richard - Saviours' Day
-----------------------------------------------------------
1989: Band Aid II - Do They Know It's Christmas?
1988: Cliff Richard - Mistletoe & Wine
1987: The Pet Shop Boys - Always On My Mind
1986: Jackie Wilson - Reet Petite
1985: Shakin' Stevens - Merry Christmas Everyone
1984: Band Aid Do They Know It's Christmas?
1983: The Flying Pickets - Only You
1982: Renee & Renato - Save Your Love
1981: The Human League - Don't You Want Me
1980: St Winifred's School Choir - There's No One Quite Like Grandma
------------------------------------------------------------------
1979: Pink Floyd - Another Brick In The Wall
1978: Boney M - Mary's Boy Child-Oh My Lord
1977: Wings - Mull Of Kintyre / Girls' School
1976: Johnny Mathis - When A Child Is Born (Soleado)
1975: Queen - Bohemian Rhapsody
1974: Mud - Lonely This Christmas
1973: Slade - Merry Xmas Everybody
1972: Little Jimmy Osmond - Long Haired Lover From Liverpool
1971: Benny Hill - Ernie (The Fastest Milkman In The West)
1970: Dave Edmunds - I Hear You Knockin'
--------------------------------------------------------------
1969: Rolf Harris - Two Little Boys
1968: Scaffold - Lily The Pink
1967: The Beatles - Hello Goodbye
1966: Tom Jones - The Green Grass Of Home
1965: The Beatles - Day Tripper / We Can Work It Out
1964: The Beatles - I Feel Fine
1963: The Beatles - I Want To Hold Your Hand
1962: Elvis Presley - Return To Sender
1961: Danny Williams - Moon River
1960: Cliff Richard & The Shadows - I Love You
---------------------------------------------------------------
1959: Emile Ford & The Checkmates - What Do You Want To Make Those Eyes At Me For
1958: Conway Twitty - It's Only Make Believe
1957: Harry Belafonte - Mary's Boy Child
1956: Johnnie Ray - Just Walkin' In The Rain
1955: Dickie Valentine - Christmas Alphabet
1954: Winifred Atwell - Let's Have Another Party
1953: Frankie Laine - Answer Me
1952: Al Martino - Here In My Heart


クイーンは二度登場していますね。2度目はフレディが亡くなって間もない頃のリリースでしたっけ。
WHAMのラスト・クリスマスは84年の2位。対抗馬が強すぎた…
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-24 12:33 | 観たり聴いたり
ブラック・アイド・ピーズを観たよ
火曜日にマンチェスターでBlack Eyed Peasを観てきました。

疲れた頭でボーっとしながら運転していたら、なぜかトラフォードセンター方向へ。
何を考えているんだ…(何も考えていない証拠)
そのまま降りて一般道で行こうかとも思ったのですが、高速道路はトラフォードセンターに向かう車で渋滞していたのと開演時間を過ぎていたので来た道を戻りました。
開演時間は7時でしたが、前座のバンドが演奏中だったので楽勝です。

そして、お目当てのブラック・アイド・ピーズ

a0005086_10353164.jpg

Hey Mama, Shut Up, Where is the Love, Don't Funk With My Heartとヒット曲が無駄なく続きます。最後は、 Let's Get Retarded。
ファーギーは歌が上手かった。

うちもそうでしたが、家族連れが多かったです。半分くらい親子だったかも。

問題はそのあと
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-24 11:02 | 観たり聴いたり
英・クリスマス・ナンバーワンはこの曲だ!
ちょっと前からクリスマスナンバーワンにはどの曲がなるかといった話題で持ちきりでしたが、さすがにあと10日、そろそろ本命が抜けてくる頃ですね。

イギリスは、結構ノベルティものが一番になる傾向があるのですが、今年もどうやらそれっぽい。
本命はNizlopiのJCB song。(ここから曲とアニメが見られます)
JCBはショベルカーとかブルドーザーとかのアレです。
父が運転するJCBに一緒に乗るのが好きな男の子が、その力で学校のいじめっ子も退治できればいいのにと思う歌なんだとか。
暗いです、歌詞。

まあ、一昨年のナンバーワンが、暗いヴァージョンのMad Worldでしたからね。
暗いのが受ける傾向にあるんでしょうか?

先月までは、ウェストライフがダイアナロスと競演するバラードWhen You Tell Me That You Love Meがナンバーワン候補だったのですが。

イギリスのチャートは謎です。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-12-15 15:43 | 観たり聴いたり
とってもイギリスなウォレスとグルミット
ハーフターム休みも今日で終わり。

休み中にどこにも行かないというのも、つまらないので、
Wallace & Gromit The Curse of the Were-Rabbit(ウォレスとグルミット-野菜畑で大ピンチ)を観てきました。

初めのシーンで、家族の写真が壁にかかっていて、その中の『グルミット1歳の誕生日記念』の写真を見た息子は、子犬のグルミットはかわいいね~を連発。
それよりも髪が健在のウォレスの方が受けたんだけどな。
(リンク先のレプリカは150ポンドですって!話は、ずれますが、この背景にある時計、これ、今でも使われているのを結構見かけますよ。)

内容については、楽しみを半減させたくないので書きませんが、実際に観て下さい。
アップになったグルミットの鼻に指紋がついているのを見ると、手作りの良さを再確認。

ウォレスとグルミットの魅力はなんといっても、とってもイングランド北部だってこと。
ウォレスは、ランカシャー・ヨークシャー訛りでウェンズリーデール・チーズ大好きですから。
ウェンズリーデールは、ヨークシャー州の有名なチーズ。チャシャーに似て白っぽくてポロポロしています。(クランベリー入りとか好きです)


今回、ググっていてクラッキング・コントラプション(cracking contraption)のサッカーマティック(Soccamatic)のフリーDLサイトをBBC内で発見。
観ます?
Soccamatic
Click here to watch the movieとあるところからDLしてくださいね。

グルミットって
[PR]
by lisalisa9 | 2005-10-30 17:19 | 観たり聴いたり
リーボックより愛を込めて(生中田を見たよ)
昨日書きましたが、ボルトン・ワンダラーズの試合を見に行ってきました。
前日は雨模様だったのでお天気が心配でしたが、なんとか持ち越しそう。
a0005086_16185935.jpg

前半、切れがないうえ、みんなツルツルと滑ってました。
リーボック・スタジアム、今日の観客は2万4千人。結構入っているから、スタジアム自体のキャパがマンUの半分くらいしかないんですね。

試合そのものについては、ニュースを見たほうが確実なので、ここではカット。

勝利の女神は、私ですから。

一緒に行った友人が出待ちをするというので、お供をしました。
a0005086_1619149.jpg

稲本選手、現地入りもしないかも、と噂されていましたが、ちゃんといました。
シャッターチャンスを逃したので、後姿というのが、なんとも。
a0005086_16192971.jpg

移籍後初ゴールですからね、ものすごいファンの数!
とりあえず写真は近くで撮れましたが、サインはとてもじゃないけれど無理。(息子が行ってもだめだったか)
あまりにも押されて、中田選手切れそうな顔をしていましたよ。
こういうときは、引いた方が無難ですね。

7days BBC~UKカメライフ~Madorenaさんのレポートはこちら。激しくニアミスしていますね。
でれええええっとしたマイニチ。のでれ。さん。写真のタイミングがすごい。反対側に座ってらしたんですね。

私のほうがキレそうだったよ
[PR]
by lisalisa9 | 2005-10-24 16:32 | 観たり聴いたり
中田を見てきます
仕事を変えてよかったなと思うことのひとつが、またコンサートや試合を見に行けるってこと。

そして、今日は久しぶりのサッカーの試合を見に行きます。
Bolton Wanderers 対 West Brom
a0005086_10274916.jpg

チケットの額面を見ると分かると思いますが、なんとボルトンには、大人1枚子供1枚というファミリーチケットがあったんですよ!
これだとかなりお得。
さすが北部の町。優しいわ。

という話をしたら、ボルトンはイギリスで最も未成年の妊娠率が高いんで、そういうのもあるんじゃないの?と言われました。
なるほどね。

「それにしても、またミーハーなカードを見に行くねえ」と言ったヤツは置いていくことにします(笑

至近距離で見ました
[PR]
by lisalisa9 | 2005-10-23 10:42 | 観たり聴いたり
昨日買ったアルバム
a0005086_920336.jpgジェームズ・ブルントのアルバム。
買っちゃいました。
現在全英ナンバーワンのYou're Beautifulのビデオクリップで、最後に高いところから海に飛び込むんだけど、その高さが半端じゃなくて、えっマジ???と心配するほど。
エルトン・ジョンのお気に入りで同じマネージメントチームがついているとか。
新曲のWisemenはボウイを髣髴させるし、気になるアーティスト。

そんな彼の経歴が結構異色で、なんと陸軍出身だったそう。
オフィサーとしてボズニアへも駐屯していたそうで、それを考えると、高いところから飛び込むのも大丈夫なのかも…

You're Beautifulの方は、CDにはしっかりとはっきりとFで始まる言葉が入っていました。歌詞カードにまで書いてあるのはある意味すごいと思うな。

何気なく昨夜チケットマスターをザーッと見ていたらマンチェスターで来年早々コンサートがある!それも今日発売!ということで早速買ってしまいました。
たまに衝動買いします。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-05 21:47 | 観たり聴いたり