<   2004年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧
石を抱くフラミンゴ
40歳になる、アンデスフラミンゴのアンディ(名前があまりに短絡的...)が、卵と思い込んで石を抱き続けて2週間。

と、ここまではよく聞く話。

でも、このアンディはオスなんですけど。

餌を食べる時に一時間だけ、『卵』から離れるアンディ。
飼育員がなんとか木製のフラミンゴの卵にすり替えたとか。
鳥類はオスも結構卵を温めたり、メスの手伝いをするのだけれど、ここまでするなんて珍しいのを通り越しているみたい。
卵を産みっ放しで抱かないメスに代わって、アンディが抱いていくれるんじゃないかって飼育員は期待しています。
繁殖期の後半でホルモン全開なのに、パートナーがいないためにこんな行動を起こすらしいと聞くとちょっとかわいそう。

あ、人のことは言えないかもしれない...
Sad flamingo tries to hatch stone
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-30 16:11 |  LOdds
青い瞳と青い口元
a0005086_1613620.jpgエリーちゃんは、青い千歳飴のようなものを口で引きちぎりながら食べておりました。
何を食べてもいいんだけどさ、
口の周りが真っ青になってるよ...
人工着色料、たくさん入ってるだろうなあ。

エリーちゃんはまだ13ヶ月児なんだけど、もうお菓子バリバリに食べてます。
普通のイギリスの子です。

人工着色料と言えば、昨日のボランティア先(障害児のアフタースクールクラブ)で、すごくハイパーというか躁状態全開!って感じの子がいて「走らない!座りなさい!」といった注意の連発だったっけ。
その子はADHD(注意欠陥の多動)もあるので、内服薬としてリタリンを与えている訳なんだけど、このリタリンって元々は脳を活性化させるそうでADHDじゃない人が飲むと多動症状を起こすらしい。
で、この子がリタリンを飲んだ後って必ず、飲む前に比べて落ち着かなくなるんだよね。
それじゃ、はっきりいって薬を飲む意味がない!
所長も本当はADHDじゃないんじゃないかなって言っているくらいだけど、薬が効くかは個人差があるものね。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-29 16:04 |  L携帯写真
こおろぎ出没にたじろぐ息子
先ほど起こったタイトル通りのお話です...

実は、夜になるとうちのバスルームで虫の鳴き声が聞こえるんです。

でも姿が見えない。

まあ、食べ物なんてないだろうから、どこかに行くか、死んじゃうかな、なんて気軽に思っていたら...
一ヶ月たっても健在。毎晩、元気のいい鳴き声がバスルームに反響しています。

ある晩、カサカサとゴキブリのような音がするので見れば、現れたのはこおろぎ
「見たんだったら、捕まえてよ!!」と言うは簡単だけど、コイツ、ものすごくすばやくて全然捕まえられない。

そんなこんなで秋分が過ぎた辺りから、まるで秋の夜長を楽しむかのように鳴き始める時間が早くなってきた。
...と思っていた、この頃。

トイレに入っていた息子が叫びながらも独り言をいっているのが聞こえてきた。
「おお、キリギリスだ!」
(違うよ、こおろぎだってば。キリギリスはみどり色だし形も違うのに見分けつかないのか、コイツ?)
「始めて見たよ。動いてんの。」
(生きてるから、そりゃ動くでしょ)
「こっち向いたよ! こっち見てるよ。」
(気のせいじゃない?)
「こっ、こっちに向かってくる、来るな、来るな、ギャー」
~ここには書けないような、Fのつく言葉を連発しています~

「怖かったじゃないか~ トイレからはみ出すところだったよ。ハアハア」
(息が聞こえる程興奮しちゃったらしい。笑っちゃいけない...)

こんなに気が弱くて世間が渡れるんだろうか?
かまどうまじゃなくてよかった。

ちなみにバスルームは2階にあります。
一体どうやって入ってきたんだろう?
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-29 05:21 | 萌える息子
ヴァージン宇宙の旅!
前回、水陸両用車で英仏海峡を渡ったリチャード・ブランソンが宇宙飛行会社を設立!!
その名もヴァージン・ギャラクティック"Virgin Galactic"

今回ヴァージンと約28億円で提携に合意、開発に同意したMojave Aerospace Venturesは、先日The Ansari X-Prize(*1)に挑戦したSpaceShipOne(*2)を作った(*3)ところ。
イギリスからもこの宇宙競争にエントリーしているチームがあるので、かなりのニュースになっています。

一番知りたい、このヴァージン・スペースシップ-The Virgin SpaceShip (VSS)の概要は
・乗客5人乗り
・事前に一週間の飛行前訓練が必要。(客が、ということか)
・3時間の旅、無重力状態は3分間
・出発はモハビ砂漠
・気になる運賃は10万ポンド(約2000万円)
・就航は3年後くらい


2001年宇宙の旅には間に合わなかったけれど、あと一歩のところまできた感じがしますね。

Virgin boss in space tourism bid


~ちょっとヲタッキーな話題なので注をつけてみました~
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-28 02:20 | 英国ニュース
ガンを嗅ぎ分ける犬
以前から、犬が飼い主のガンを嗅ぎ分けたという例があちこちで聞かれ、医学誌にもレポートが載っていたそうですが、バッキンガムシャーの病院がそれを裏付ける研究を行ったところ、膀胱がんの嗅ぎ分け率がなんと41%!
偶然に嗅ぎ分けることができる率は14%なので、それと比べるとかなりの成功率と言えますね。

中でも興味深いのがテスト前のチェックでガンがないとされていた人に対し、実験に使った犬全部が、「異常あり」と反応。
被験者を詳しく調べてみたところ右の腎臓に腫瘍が見つかったそうだ。

ガンの患部から『特別な匂い』が出るのを嗅覚が鋭い犬が嗅ぎ分けるようです。
いろいろな種類で試した結果スパニエルが一番成績がいいとか。

犬を上手く訓練すれば、ガン検査に登場する日も近いかもしれません。

Dogs 'sniff out' bladder cancer

[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-27 07:43 | 英国ニュース
イングランド ストライカーの好きなお菓子は?
マンチェスターユナイテッドのウェイン・ルーニーの好きなお菓子は、
ピクルド・オニオン味のモンスターマンチだそうだ。

それって共食いじゃないですか?(リンクから画像要チェック!!)

ギャリー・リネカーのCMでイギリスでは有名なWalker Crispsのホームページ ↓
Monster munch
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-27 07:02 |  L芸能
あの夜を思い出しました
ロンドンの和食店「わがまま」にわがまま言う | Excite エキサイト

Excite Bit コネタのベルギー特派員のばびさん、ベルギーにはおいしいものがたくさんあるのになぜイギリスへ?
そちらの方が謎です。

マンチェスターにもワガママがあって、サッカーの浦和レッズ対マンチェスターユナイテッド戦が中止になった雷雨の夜、ヤケ食いをしてきました。
その思い出がふつふつと...
そのときのレポートです

あ、チケット払い戻ししてもらわなくっちゃ。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-26 23:41 |  L英国食事情
ポール・マッカートニーがシュワルツネッガーに出した手紙
「非人道的な方法で作られるフォアグラの禁止を人々は望んでいる。一日も早い禁止法の発令を。」
ベジタリアンでも有名なサー・ポールがカリフォルニア州知事のシュワちゃんへフォアグラ禁止法を推す手紙を出したとか。

法律自体は先日議会を通り、あとはシュワちゃんのハンコ待ちの状態。
これが通れば、アメリカ初のフォアグラ禁止の州になるわけ。

ポール・マッカートニーの他にもマーティン・シーン、キム・ベイシンガー、クリッシー・ハインド(懐かしい~!プリテンダーズ!!)クリスティーナ・アップルゲートなどがフォアグラ反対に賛同しています。

McCartney calls for foie gras ban
フォアグラってこんな綴りだったんだ...
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-26 15:46 |  L芸能
新生児で現れる自殺傾向
自殺を起こす人を見極めることは、新生児のうちに可能?
スウェーデンの研究団が1973年から1980年に生まれた70万人のうち、10歳から26歳
までの間に自殺未遂を起こした人を対象に出生時の状態を調査。

医学誌The Lancet によると、
その結果、
・出生体重が2000g以下だった人の自殺未遂の数は、出生体重が3025-3075gの人に比べ、2倍以上。
・母親の出産時の年齢が19歳以下だった人の自殺未遂の数は、母親が20代の時に生まれた人に比べて2倍以上。
・出生時の体長も47cm以下だと50~51cmの人に比べて自殺未遂率が多い。

意外なところに自殺の謎があるのかも。

Suicide 'determined at birth'

[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-25 09:27 | 英国ニュース
ワガママもここまでくると立派-エルトン・ジョン
23日未明に台湾に到着直後、記者に囲まれて
"Rude, vile pigs. That's what all of you are."
(お前等はみんな汚いブタだ!)を連発したエルトン・ジョン
警察が記者団からエルトンを守らなかったからとといってプッツンするのは逆恨みじゃない?
「移動中に遭った記者の中で台湾の記者が一番低俗だ」とも言っている。

まあ、エルトンは『クイーン』ですから、わがままなんです。(キングじゃないのよ)
1995年にTantrums & Tiarasというドキュメンタリーがこちらで放送されて、そこでも些細なことでキレてしまうわがままぶりを発揮していたけど、まだ健在なんですね。

Sir Elton lashes out at airport
「サー」の称号がついているんだから、それらしい振る舞いしようよ。
レディじゃないの?とかいうつっ込みはしないように。
[PR]
by lisalisa9 | 2004-09-24 19:06 |  L芸能