<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
今日の衝動買い
イースターセール、なんて広告に弱い私
衝動買いです。
WHITTARDのイースター商品が激安になっていたのでこれは買わないわけにはいかないかな、と。
a0005086_19132016.jpgこの小さなかばんの中はメラニン製の子供の食器セットが入っています。値段は5ポンド。すごくお買い得、見かけたらGETしておきましょう(笑
a0005086_19133415.jpg ビスケットの詰め合わせ、半額になったいた。
4ポンド。
このあと出かけるから、もって行こうかな...

(追記)しっかり友人の家に持って行きました。
軽い感じの上品なビスケットでおいしかったです。
この缶を見て、あっ!この人がりさだったのね!!とか後で言わないように。
よろしく。

a0005086_19135087.jpgシリアルボウル。いくらだったっけ、2ポンド50ペンスくらいだったはず。
ちょこっとどんぶり、というサイズですね。
a0005086_19147100.jpg分かってます、イースターは過ぎてしまったけど、チョコレートには変わりないってこことで。
イースターエッグとマグのセット3ポンド50ペンス。
これもお得な感じがする...
イースターのモチーフではないので一年中使えるし。
ふと見たら、そんなつもりはなかったのに、こんなかわいい系のばっかり買ってる。
隣のDENBYショップで買いあさる予定は?ウェッジウッドのバーゲンは??
渋いモノトーン系の食器を買うはずだったのに。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-30 19:11 | 私の毎日
日刊りさ
日刊そふぃあ
日刊blue_koichiro
日刊わたし
日刊atsumin2新聞、やってみた(笑)
「日刊 RIWTA」
日刊又サブ
Scene1013 日刊ぱんちゃん新聞。
日刊のぜき
日刊わい
日刊aircooled
日刊Hana*
☆日刊あなた☆
日刊せいばー
キャラメルbの整形疑惑発覚!


ここ数日、あちこちで見かけるようになったので、遂に私も…
日刊あなた
ここに名前を入れるだけで、ポーンとでてくるあなたの新聞。

読んでみる?

☆☆☆ 日刊りさ ☆☆☆

りさが告白本を発売!
りさがこれまでの人生を赤裸々に語った本、「不死鳥」が今日発売された。生い立ちから現在まで、そして気になるあの人との破局に関しても、これ以上ないほど詳しく描写されている。りさは、「この本を読んでくれた人が、共感してくれて、前向きに考えられるようになってくれたら嬉しいです。」と、記者会見で語った。記者から「あの人にも読んでもらいたいですか?」と質問されると、急に目を見開き、「イエス!」となぜか英語で答えた。どうやら眠れる獅子を起こしてしまったようだ。さらには月100万円の借金を返していることも判明し、涙を誘った。ちなみに、今この「不死鳥」購入した人には、もれなくりさオリジナルストラップが付いてくる。


りさ退団公演に8000人のお見送り
T歌劇団夢組トップスターのりささんが、T劇場で上演された「教師びんびん物語-散る花の如く」の千秋楽で、T劇団を「卒業」した。最後の記者会見でりさは、「もうあきちゃったし、歳だし」と長い事明かされずにいた退団理由を表明。寿の予定もなく、退団後の芸能活動も行わない。恒例の劇場前パレードにはりさファン8000人がお見送りに終結。全員そろいのはっぴにねじりはちまき姿で、神輿に担がれ劇場を後にするりさに涙の声援と拍手を送っていた。周辺には数十軒の屋台が出て、隣の日比谷公演では盆踊り大会も開催され、りさ退団はお祭り騒ぎの中、幕を閉じていった。 (by くわとろう)


りさ、経済を斬る!!
経済にも精通しているりさによると、現在の日本経済はなっていないらしい。りさは、「最近は仕事もしてないので、あまり贅沢は出来ません。自宅で麦茶を作って飲んでいます。ペットボトルに入れているので、出かける時も安心です。」と某大学での公演で自信満々に語ったと言う。学生からは「経済の話というか、自分の生活の話じゃ?」との声もあった。またその公演でりさは、「2000円札って使えないですよね。」とも語り、日本経済を鋭く牽制することも忘れてはいなかった。さらには、「日本人全員1億2千万人に、一人1円づつもらえば、1億2千万円ですよね。」と、誰もが一度は思い浮かべる夢を興奮気味に語り、場内から喝采をあびた。鳴り止む事の無いりさコールに対し、りさは、「やっぱ愛でしょ」とさかんに答えていたという。


わたし、劇団員だったのね…
告白本は書けなくもないけど、誰も読みたくないとおもうわ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-29 20:03 | 私の毎日
教会が賛美歌の着メロを発売
ドイツのハンブルグにあるSt Petri教会がオルガンを使った着メロを発売!
約300円で5曲の賛美歌の中からダウンロード。
同教会では、オルガンの補修費用として約3千万円が必要で、着メロの売上金をそれに充てるという。
「(DL用の賛美歌は)数百年に渡って人気のある曲ばかりを選んでいますからね」
と自信のほどを語った。
Church sells its own ringtones

St Petri教会の着メロはこちらから実際に音を聴くことができます。

オルガンの音って和ませてくれる音ですね。ストレスレベルを下げてくれそうでいいアイディアじゃないでしょうか。
魔よけにも使えるんじゃないかしら、どうでしょう?
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-29 18:28 |  LOdds
金色の米
ビタミンA欠乏症の対策のために改良を重ねて作られたお米、ゴールデンライス。
WHOによるとビタミンAの欠乏により失明する子供は、毎年50万人にのぼるという。

ゴールデンライスは従来種に比べ20倍のベータ・カロチンを含むので主食のみでビタミンAが摂取できるのではないかと期待されている。
5年前にスイスの研究所で試作されたときは、米に含まれるベータ・カロチンの栄養価が不十分だったが、改良され、フィールドでの実験段階に来ているという。
GM 'golden rice' boosts vitamin A

期待が持たれている、というけれど、GM(遺伝子組み換え)米ってどうなんだろう。
サプリメントを摂るのと比べたら、同じようなことなのかな?

リンクの画像を見ると、粒の長いロンググレインではなくて、日本風の粒が短いショートグレイン米だった…
日本の食卓にあがるのも、もうすぐかもしれません。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-28 23:42 |  LOdds
FX Player
旅行中、ポンドをユーロに替える度にレートが悪くて損した気分でいたところ、こんなオンラインゲームを発見。
プロのトレーダーの気分が味わえる
FX Player

スタート時に5千万ポンド(約100億円)を持って、各地の通貨に交換しながら、12週後にどのくらい儲けられるかを競う至ってシンプルなゲーム。
新人証券マンのトレーニング用として開発されたゲームで、実際の外国為替情報をリアルタイムで使用しているところがミソ。
一般の人も参加することで、新人トレーダーの発掘も狙っているという。

参加料は、一般が5ポンド(約1000円)学生が3ポンド(600円)
一般の部の最優秀プレーヤーには賞金5000ポンドが贈られ、
学生の部のトップ5に入賞した者は、ロンドンの有名企業の面接の機会が与えられるという。

上のリンク先にあるFlash Tourを見ると私にでもできそう。
問題は、センスと運があるかどうかですね。
主催者のほうもその辺りを見ているんじゃないかな?

Playing the bureau de change
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-28 21:53 |  LOdds
イースターとケルト族
イースター・エッグ
下のエントリーが柔らかいので、今度はちょっとまじめに。

キリストが十字架にかけられたのが、Good Fridayで、復活したのが日曜日のイースター。
命日なんだから日にちが変わるのはおかしいと思いませんか?

もともと、イースターはケルト族のお祭りだったそうです。
ケルトというと今ではウェールズやスコットランドに少し残るくらいの少数民族になってしまいましたが、ローマが台頭する以前、キリスト教が広まる以前のヨーロッパでは圧倒的な勢力を誇っていました。
彼らは月の運行を元にしたお祭りをするのですが、そのお祭りのひとつがイースターというわけ。
春を告げる春分の日と豊穣のシンボルである満月。
春分が過ぎた初めの満月の日に行っていたケルト族の祭りを、後から来たキリスト教がうまく取り込んで始まったとされています。

確かに新しい考え(コンセプト)を人に伝えるときには既存のものを使って説明した方が分かりやすいし、特に宗教などは受け入れやすいという利点があるのでしょうね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-27 23:30 | 英国の祭りと大会
Happy Easter
今日はイースター(復活祭)
イギリスはのサマータイムが始まって、日本との時差が8時間になりました。
一時間の違いなのですが、朝の一時間は大きいですね。
今朝は起きるのがつらかった。a0005086_22204744.jpg
イースターにちなんだものを、
ということで探したら出てきた
ウサギ。
それも、なぜか家にあったデュラセル・バニー
宇宙船?っぽいものに乗って、腕を振り回しながら、ものすごい音を立ててグルグル回ります。
操縦桿があるはずですが壊れています。

操縦桿があったらちょっとしたお宝だっかも、なんて思っちゃいけませんね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-27 22:39 | 英国の祭りと大会
子供と作るイースターのお菓子
a0005086_928854.jpg今日、これからでも遅くない!
子供が作れるイースターの
お菓子です。
イギリスのプレスクールや
ナーサリーの定番手作りお菓子であります。
画像はイースター休みに入る前に作ったもの。
作りながら撮ったのでブレブレ...

a0005086_9282447.jpg用意するのはシリアルshredded wheat
これが2個で3人分、これ以上多いと胃にぐっと来るものがあります。

これをひたすら手でくずします。

ここだけ画像が違うのは、もう一ヶ所のところは子供の写真は撮れないから。
チャイルド・プロテクションです。こういうことにはイギリスは結構厳しい…

a0005086_9283713.jpgここに溶かしたチョコレートを加えます。溶かし方もお任せです。
リッチな気分ならココア70%くらい入ったチョコがいいかもしれませんが、今回使ったのはASDAの製菓用チョコ。ダークチョコです。
スプーンでまんべんなくかき混ぜてケーキ型に入れましょう。
中心をちょっとへこませた方が上にヒヨコやたまごを乗せやすくなります。

a0005086_928548.jpg上に乗っているのはヒヨコ型のマシュマロ。
ヒヨコならば何でもいいと思います。モールで作ったヒヨコとミニ・チョコレートエッグをもう一ヶ所では使っていました。
その辺は臨機応変に。

チョコが固まったら出来上がり。
一気に食べましょう。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-26 09:37 | 私の毎日
溜息の橋から外を眺める
イタリアは今回で3回目。
いつもおいしくないものを食べているので、今回の第一目的はやっぱり食べること。
やっぱり魚介類は新鮮でおいしかったです。それにイギリスと比べると格段と安かった。
ルッコラ(ロケット)とクリームソースという組み合わせも初めてでしたが、おいしかった。簡単そうなのでしばらくこのメニューが続くと思います。
換金した場所も良くなかったのでしょうが、1ユーロが約70ペンス位、物価が高いと言われるイギリスに住んでいる私でさえも結構高いなって思いました。

観光場所も一応見どころはゆっくり時間をかけて見学してまわりました。
ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ溜息の橋から対岸のサン・ジョルジョ・マッサーレ教会が見えます。
観光客の熱い視線をなんとなく感じる場所です。
a0005086_7195426.jpg

その後でアカデミアへ。
ヴェネツイア派が好きな人にはたまらない美術館だと思います。
ちょうどカルパッチョの特別展も行われていて、いつもはカ・ドーロにある「受胎告知」もここに移動していました。
個人的には、ラファエロやミケランジェロの方が好きなので、以前行った街と比べないように見て歩くのが大変。
ベニスにはエキゾチックな豪華さがあって好きです。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-26 08:02 | 写真・風景
ここはどこ?ぼくは誰?
ここはイタリアのヴェネツィア。
ベニスですね。
そして君はフェリックス。
a0005086_524874.jpg

無事ベニスから戻ってきました!!
行きのミラノからベニスまでの便が欠航になりなんとバスでベニス入り!!!
水も出ない、すばらしいアリタリアのサービス。
そして、ここだけの話ですが、機内食(スナック)超まずかったです。
マンチェスター行きの中で、ぱさぱさのパンにチーズと焼きなすが挟んであって、バターも何もぬっていないのが出たときには、息子は泣きそうでしたよ。
イギリス人はこんな食べあわせしませんって。

あえて書きますが、ベニスがまずかった訳じゃないですよ。
今までに行ったイタリアの都市との味比べをするつもりもないのでここでは書きませんし。
例えるとすれば日本行きの飛行機に出た和食にインディカ米が使ってあったって感じでしょうか。現地に合わせたんだろうけど何か違うよって感じ。
ベニスでおいしいものを食べていただけに、機内食にがっかりしたわけです。
まあ、エコノミーのスナックであまり期待はしてはいけないのかもしれません。


ええっと、今回フェリックスの旅日記だけひとつのカテゴリーにしようかなとも思ったのですが、この際(?)なのでひとつ新しくブログを立ち上げました。
フェリックスの旅日記です。
子供向けの写真系海外ブログを目指してみました。いかがでしょうか?
その辺りのフィードバックも頂けると嬉しいです。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-03-26 05:53 | 写真・風景