<   2005年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
夢のビューティ・トリートメント
チョコレート大好きの私としては、日頃からチョコに包まれたいなんて願望があったりします。
昔、日本で黒糖が入った銭湯によく通いましたが、身体からほのかに香る黒糖が自分のフェミニンな部分をくすぐるのです。(普段は全くフェミニンではないので)
包まれたチョコを食べたいわけではないので、身体に塗るチョコとかは試したことはないのですが、これはやってみたいと思わせる夢のビューティ・トリートメントをしてくれるところを発見。

パリにあるフォーシーズンズジョージV ホテル パリ(日本語)チョコレート・デカダンス・パッケージは、ココアのもつ老化防止の効き目に注目。
チョコレート&クランベリー・ボディ・スクラブ、キャラメルチョコレート・ラップ、ディープ・チョコレート・マッサージといったおいしそうなトリートメントで心身ともに満足させてくれます。
もちろん、トリートメント中はチョコレートの入ったボウルが隣にあるので、中からのチョコレート効果も期待できるかも?
2時間半のチョコレート・デカダンス・パッケージのお値段は約4万円なり。

こういうものの値段ってよく分からないのだけれど、お手ごろなんじゃないかな?
パリで週末のんびりと…なんて夢です、夢。
誰か、プレゼントしてくれる人いないかなあ。
Chocolate beauty treatments
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-30 15:25 | ホリスティックな生活
イギリスで静かなブームのスウドクって何?
a0005086_19544388.gif縦横9マスのグリッドの中に1から9までの数字を入れる単純なルールのこのゲーム。昨年11月にタイムズ紙に掲載されて以来、5ヶ月でデイリー・メイル、インディペンデント、デイリー・テレグラフの3紙も掲載する人気ぶりだとか。
Su Doku( Su means number in Japanese
Doku translates as singular or solitary, or can mean bachelor)とあるから、数独ってことなのかな。
算数頭でなくてもパズル感覚で解けるところに人気があるのだそう。

このゲームをUKに持ち込んだのはニュージーランド人で香港在住の元裁判官、ウェイン・ゴウルド氏。1997年に日本で買ったパズル本を持ち帰り、コンピュータープログラミングをしたのが始まりで、現在は無料で11カ国の新聞社に配布しているという。

数学は苦手なので、見るだけでパスします(笑
100マス計算とかそのうち世界中で流行ったりして。
The puzzling popularity of Su Doku
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-29 19:49 | 英国ニュース
ロシアの宇宙飛行士が欲しいものは?
インターナショナル・スペース・ステーションから帰還したばかりのロシアのシャリポヴ宇宙飛行士が記者会見で、
「心理的なストレスに耐え、仕事の能率を上げるためにも一日50ccのコニャックかワインが飲めることが望ましい」と語った。

シャリポヴ飛行士は2004年の10月から6ヶ月間の乗務を終え今週帰還した。
Cosmonaut wants booze in space


発想がいかにもロシアって感じで個人的には好きです。
記者会見で、お酒が飲めるといいなあ、なんて言えるなんて時代が変わった証拠なのでしょうか。気持ちは分かるんですよ、狭いところに6ヶ月も、他の国の人と共同生活をするのでストレスも溜まって当然ですからね。
でも、酔うのも早いんじゃなかったっけ?
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-29 11:45 |  LOdds
ティアーズ・フォー・フィアーズを観てきました♪
カート・スミスの脱退以来ローランド・オーザバルのソロユニットとして活動していた
ティアーズ・フォー・フィアーズが13年ぶりに再結成、新しいアルバムEverybody Loves A Happy Endingも引っさげて戻ってきました。
そして、マンチェスターでコンサートがあるというじゃないですか。
80’s大好き人間としては、もちろん買いです。

ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)といえば、80年代のUKミュージック・シーンで10本の指に入るバンドと言っても誰も文句は言わないんじゃないかしら。
アルバムSongs From The Big Chairはアメリカでもヒット。シャウト(Shout)ルール・ザ・ワールド(Everybody Wants To Rule The World)と言ったら分かるかな?

ステージは新アルバムのジャケットから。
不思議の国のアリスのような、なんともいえない雰囲気。

二人とも、お腹が出ていない!!これ、ポイント高いです。よく、80’sの再結成バンドを見て、は~と思う時がありますから。↓フラッシュなしはOKなので堂々としてます、私。
a0005086_17482526.jpg

肝心の音ですが、もろアルバム。80年代のあのシンセサイザーとシーケンサー(だっけ?)のなんともいえない厚みのある音と二人の声がマッチしていました。
ローランドは野太い声だけど揺るぎがなくて、うまい。

新作Everybody Loves A Happy Endingや
Who Killed Tangerine?とかやっていました。
なんか聴いていて、あれ?ビートルズ…と思ったのは私だけ??
サージャント・ペッパーズとかカム・トゥゲザーを小声で歌ってみたら、ピッタリはまっていましたよ。

それよりも、聴きながら、自分の当時のことを思い出しましたね。
ちょうど、免許を取り立てのころで、学校へ向かう車の中でボリューム最大にしてよく聴いていたっけ…
そんなノスタルジックな想いにしてくれた夜でした。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-28 17:49 | 観たり聴いたり
行ってきます!
これからマンチェスターまでコンサートを見に行ってきます。
ヒントは、隣のライフログにあるのだっ♪
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-28 01:00 | 観たり聴いたり
イギリス初・チューインガム税、成立か?
久しぶりに、地元のニュースを。

路面にくっついたチューイングガムを剥がすのに、うんざりしているリバプール市。
今でも、現行犯で見つかるとその場で罰金が科せられますが、それでは追いつかないのが現状。
なんとも、3p(約10円)のガムを剥がすのにかかる費用は10p(30円)というから、馬鹿になりません。
不必要なところで市の財政を圧迫しているようなものですからね。
そうでなくても、リパプール市は市民税が他に比べて高いのに…

というわけで、今日採択にかけられる案は、
チューインガム税
1パックに1pの課税をして噛む人に責任を持ってもらおうというわけ。

前回、禁煙法を採択した位なので、今回も採択されるでしょう。
Council to consider gum tax call
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-27 16:46 |  LOdds
縮むママたち
自分の経験からも言えるのですが、イギリスで妊娠すると、妊婦の体重管理が甘いです。
異常なほど体重が増えるとか、血圧が高いとかというのでなければ、何の指導もない。
「こりゃ日本だったら、絶対にこれ以上体重を増やさないようにしてくださいよ、って言われるよ」と看護婦の知人に言われながらも、イギリスじゃなんでもないのよ~って言っていました。
妊婦帯なんてものはもちろんなし。
産科のお医者様に尋ねたら、そんな医学的に根拠のないものなんてしてどうするの?と反対に怪訝な顔で見られる始末…

そんなくらいなので、美しいセレブの皆様も、はりきって(割り切って?)体重増加を楽しんでいる様子。

問題は、妊娠中に増えた体重をいかに早く落とすかということにかかってくるわけで。
グウェネスやケイト・ハドソンは、やっぱりパーソナルトレーナー雇っているからぽっこりがないのね、と思ってため息。
Shrinking mums  (文字通り、縮むママたち!!)
何がため息かって、ここのリンクのセレブの年齢層ってかなり高い。(同年齢の人もいるよ…)
ちょっと位の運動じゃ一度ついた贅肉が落ちない年齢じゃないですか。
それを、不自然なほどのスピードで落とすのだから、安全にするにはやっぱりプロを雇わなくっちゃ無理なのかも。内側の筋肉を使うピラテスやヨガも人気がありますね。

ダイエットするよりも、ひとり産んで、運動した方が締まった身体になるかもしれない…
(そんな気力はありませぬ)
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-26 22:32 |  L芸能
公園のヒキガエルが次々に自爆
ドイツ・ハンブルグ市内の公園に住むヒキガエルが次々と自爆、当局は訪問者に注意を呼びかけている。
市内数ヶ所の公園に棲むヒキガエルが突如、通常の3.5倍の大きさに膨れ上がり破裂。空中に破片をばらまくため、公園の広範囲が『見た目が悪い』状態になっている。
今までに自爆して死んだヒキガエルは過去4日で1000匹を超えるという。
どうしてこのように突如破裂するほど膨らむのか原因は解明されておらず、当局を悩ませている。
Mystery of the exploding toads


リンク先にありましたが、SF映画みたいな光景だそうで…
破裂する瞬間を見たら、子供はトラウマになっちゃうんじゃないでしょうか。
それより、病気だったら犬の散歩に公園にいけませんよね。ま、破片が散らばっているところには行きたくないですが…他の町でも発生しtら、本当にSFの世界です。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-26 21:16 |  LOdds
転機の予感
昔、とはいいませんが、
学生の頃、施設実習というのがありました。
3つある実習の中でも最も実施時期が遅く、卒業する2ヶ月前という今からか思えば信じられない日程を組まれていたので、重度知的障害児の入所施設で実習した時は、既に就職が決まっていました。

実習は住み込みで夜勤もありました。
知らない世界を見たことでアドレナリンが大量に放出されたのか、
すごく満足の毎日。
この仕事をしたいな、って本気で思いましたね。
就職先を蹴って施設に潜り込もうかと本気で考えましたから。
もちろん、そんな度胸なんて持ち合わせていないので何も起こりませんでしたが。

でも、心のどこかにいつも引っかかっていたのかも。

今回、オファーがあって、学生の時にこの職業になりたかったのを思い出しました。
何年もかかって、ふと気づいたらここまで来ていたんですね。

さて、どうするか。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-26 09:43 | 私の毎日
ミニミニ遠足
よ、寄るな~
a0005086_9224857.jpg

[PR]
by lisalisa9 | 2005-04-25 20:23 | 私の毎日