<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
From Schipol with love
We have to wait another 3 hours...
a0005086_19231375.jpg


*キコク後の追記*
アムステルダムで、なんと5時間待ちだったんですよ。
その前にもマンチェスター行きの便はあったのですが、なんせ予約を取るのが遅かったのでそれは満席だったんです。(それでも3時間待ちだけど)

ネットができるところを見つけて、さあ、更新するぞ!!と張り切ったものの、日本語がタイプできないことに気付くまでにかかった時間はわずか3分。
1時間分払ってしまった後なので、後半は息子がF1記事を見てましたよ。本当に更新したい人は持参したほうがいいですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-31 23:13 | 私の毎日
母のマネはしないように~ネット編~
今回のオフ会参加の為に支度をしているところへ現れた息子。

「今日は誰と会うの?」

「ブログに来てくれている人達。」

「会ったことあるの?」

「もちろん、みんな始めてよ。」

「ネットで知り合いになっただけで、実際に会った事がない人に会うなんて信じられないよ。」


ああ、そうだった。

イギリスではネットで知り合った人とは会わないように、と教育されます。
peadephile(ピーディファイル=未成年者への性的嗜好を持つ者)による犯罪から身を守る為、小学校でメール・アドレスをもらう時に頭に『刷り込み』されるのです。

まだ小学生の子供に「まず、相手を疑え」というのは殺伐とした感じでシニカルな子供に育ってしまうのではないかという意見もありますが、イギリスの小学校でのネット教育は、まず疑うことを教えることから始まるといっていいのではないでしょうか。
具体的には、
・ネット上の情報は必ずしも正しいとは限らない。どれが正しいのかを見極める眼を養うことが大切。
・相手は架空の人物で、犯罪を目的に近寄ってくる場合があるので、自分の写真や名前、携帯の番号などを相手に知らせたらいけない。

確かにすべて疑ってかかるとシニカルな性格になりそうですが、全く無防備で犯罪に巻き込まれるよりは、どこか頭の隅に刷り込まれていた方が親としても安心というのもあります。

そんな教育を受けてきた息子にしたら、「オフ会?信じられないよ」ということになるのかもしれません。
もちろん、今回のオフ会は大丈夫なわけですが、どうして大丈夫なのかと説明は出来ない、理由がないところに困りました。
「私たち、オトナだから。」なんて意味ないですからね。

息子が学校の先生に言わないことを願います…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オフ会はとても楽しかったです。
場所は、ちょっと状況を甘く見ていた部分がありました…次回への反省材料ですね。
(懲りてない!!)
参加してくださった方々が記事にされていますので、そちらの方をどうぞ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-29 15:34 | 英国いろいろ
スタバ・オフのお知らせ
☆スタバ・オフのお知らせ☆

8月26日来週の金曜日にスタバでお茶をしませんか?

 
場所は
新宿新南口近くにあるスターバックスコーヒー
サザンテラス店です

『南口を出て、高島屋タイムズスクエアに向かう道に入ってすぐ左手、という説明で、東京人なら解かると思います』、だそうです。私はチンプンカンプンですが大丈夫ですよね?
他のお店と勘違いした人、ごめんなさい。

夜6時半から8時の間にいます。
中が混んでいたら外で涼をとっています。雨が降っていたらなんていうツッコミはなしで(笑

その後は、スタバのはしご、またはご飯を食べるか、みなさんと決めましょう。
もちろん、会社の帰りがけにスタバだけ参加するわという人も大歓迎。
月末で金欠なの~という方も安心してご参加ください。スタバですから。

で、問題は目印ですよね。
『幸せの黄色いハンカチ』を結んで待っている訳にもいかないので…(我ながらネタが古すぎ)
そうだ、白とピンクのリストバンドをして行きます。

リストバンドをした挙動不審な人間を見たら、それは私ということで…

スタバに行けるよ!という方はコメント欄かメールでお知らせして下さると嬉しいです。
よろしくお願いします。

[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-26 12:50 | 私の毎日
台風一過
無事に日本の「文化リハビリ」をしています。
台風とともに上陸したので、一部では嵐を呼ぶ女とか台風女とか思われているようですが、そんな事ないですから!!

毎日、オフ会しています。家にじっとしていないので両親は呆れているんじゃないかしら。

昨日も、台風が上陸して暴風圏に入りそうだという中、出かけてきました。
傘、数年ぶりにさしましたよ。

生まれて始めてネットカフェからログインしています。
だらだらと長居してしまいそうなので、今日はこの辺で。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-26 11:39 | 私の毎日
翼をください
不謹慎かなと思いながらも、なぜかこの曲を思い浮かべてしまったので。

セスナ210の片翼の半分を失ったまま、2時間も気がつかずに飛行していたという事件が起こった。
飛行機はアイルランド、シャノン近郊の飛行場から、離陸の際に木にぶつかり翼が二つに折れ、燃料タンクも一緒に落ちたが、パイロットも乗客も全く気づかずにそのまま離陸。
パイロットはバンという音を聞いたが、小さな鳥でもぶつかったのだろうと思っていたのだという。
セスナは、そのままポルトガルへと向かい、途中の英仏海峡上で予備の燃料タンクが空なのに気付いたパイロットがメーデーを発してジャージー空港に緊急着陸した。
関係者は「これほど大破しながらもここまで飛んでいたこと自体、びっくりです。飛行中、どれだけダメージがあるのか気付かないままでいたパイロットが、一番驚いていましたよ。」
乗客2名はボーイング767の修理に向かうエンジニアだったが、やはり、片翼がないことに気がつかなかったという。
PILOT FLIES 2 HOURS WITH HALF A WING MISSING


セスナってかなり小さいからどう考えてもバランスが悪くなって気がつくと思うのですが…
というよりも、木に激突ってのも危ないです。
もうすぐ飛行機に乗りますからね、こういった記事がどうも目に付いてしまいます。
本当は飛行機が苦手なのかもしれません。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-21 06:38 |  LOdds
英国版Walk of Fameが登場
ロンドン・コベントガーデンにThe Avenue of the Stars(スターの舗道)が登場する。

英国版は、イギリスまたはコモンウェルス(*1)で出生したスターが選考の条件で、初年度の今回は映画・TV・舞台・音楽分野から100人が選ばれ、名前が刻まれた石が敷かれる。

今回選ばれたスターには、ジョン・クリース(*2)、ローリング・ストーンズ、ニコル・キッドマン、ローレンス・オリビエ、ショーン・コネリー、マイケル・ケイン、アレックス・ギネス、チャーリー・チャップリン、ピーターセラーズなどがいる。

『俳優の教会』として知られるセント・ポールズ教会で9月18日にオープンされる。
Covent Garden to get walk of fame


(*1)元英国領だった国をまとめて指すことば。オーストラリア、ニュージーランド、パキスタンなど。
(*2)モンティ・パイソンを知らないなんて~!!


やっぱり無難なところというか『サー』が付いた人がたくさん入りましたね。往年のTVで活躍したコメディアンとかはちょっと分かりませんよ…
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-19 17:17 |  L芸能
ベッカムだけじゃなかった~英・4人に1人は読書せず
前回、ヴィクトリア・ベッカムが今までに一度も本を読んだことがないと告白をした記事を書いて、へ~、そんな人がいるのか???なんてビックリしましたが、実はイギリス人の4人に1人は一年のうち一冊も本を読まないのだそう。

英・統計局の調査によると過去12ヶ月の間に一冊も本を読まなかった成人は全体の4分の1、16歳から24歳の青年では約半数が本を読んでいないと回答したという。
反対に本の売り上げは99年からの5年間で19%の伸びが見られた。
本に対する拒絶反応は識字力とは関係がないことは、難読症の成人の数がここ10年で500万人から、約300万人に減少したというところからも分かる。
Can read, won't read books


これって、言い換えると、識字率が上がってもまだ英国人の25%は『本』を読まないってことですね。
私もこの分でいくと4人のうちの1人になりそうな勢いですよ。
毎日文章を読んでいるけれど、この記事で言うところの『本』じゃないですもの。
でも、ネットだろうが雑誌だろうが読むのには変わりないのだから、そう目くじら立てなくても…なんて思っちゃいます。
大事なのは、毎日何かを読む習慣をつけることじゃないのかな。
↑読まない人の言い訳そのまま…
あ、ダイエット雑誌は好きよ(笑 ←これまた誰かの言い訳そのまま…)
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-19 09:11 | 英国ニュース
イギリスのコインをデザインしてみませんか?
英・王立鋳造局が、新コインのデザインを一般から募集しています。

今回デザインコンクールの対象となるのは、1971年の10進法硬貨の導入以来使われてきた1ペンス、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンスの6種類。
コインの形と大きさ、表面の女王の肖像画はそのままで裏面に当たる部分をデザインし、鋳造局へ送るだけ。
鋳造局は、さりげなく「歴代のコインには紋章が使用されている」とか、「地域性や団体、文化的、社会的な業績」とか言っていて、それに習うと結局は現ウェールズのコインみたいにネギに王冠かい?なんてなってしまいそうです。
他には、イギリスの動植物とかも候補として考えられるとかで、デザインする人の自由な発想を期待しているそう。
それもやっぱり、白鳥とかアナグマとかアカリスとかパフィンとかしか思いつきません…

唯一、デザインに使えないのが人物。表が女王で裏も誰かの頭というのはだめなのだそう。

ここのリンク先にあるPDFをDLすると、デザインの送り先や応募方法も細かい事が書いてあって面白いです。
1pと2pは全部銅だと思っていたのですが、鋼鉄に銅めっきなんですって!
締め切りは今年の11月14日月曜日です。
もし採用された場合、賞金が出るだけではなくて、コインにあなたのイニシャルを刻むのも可能とか。

どうです、デザインしてみませんか?

それにしても、もし私が応募して万が一最終選考まで残って石膏レリーフ作って来いって言われたら、5pで泣いて受賞を辞退すると思います。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-18 06:40 | 英国ニュース
車を獲物と思うサファリパークのライオン
マージーサイド州にあるノウズリー・サファリパークにいるライオン達が小型車を獲物と思い、興味を持つようになったという。
a0005086_21342822.jpg

普段、大型のサルーンカーを見なれているライオン達にとって、小さいだけでなく形も特異なスマート・カーやミニ・クーパーは獲物に見えるとかで、ライオンの眉毛が動くという。
先日も女性客が乗った車がメスライオンに追いかけられる事件が起きている。
Confused lions 'hunt' small cars


ここのサファリパークは、地元なのですが、動物が本当にワイルドで、昔、バブーンの襲撃に遭い、車のトリミングをペリペリ~と剥がされたことがあります。で、前の車を見たらボンネットに乗ったバブーンがワイパーをグニグニ~としていました。そういうわけで、バブーンの檻には入らない迂回コースもあるくらい…
今度はライオンもワイルドになっちゃったんですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-16 21:44 |  LOdds
告白「人生で一冊も本を読んだことがない」!!ヴィクトリア・ベッカム
9月号のChicに掲載予定のインタビューで、「忙しくって今までの一度も本を読んだことがないの。」と告白したヴィクトリア。
「音楽を聴くほうが好きなの。あ、ファッション雑誌は大好きよ。」
だそうで。
I HAVE NEVER READ A BOOK


記事にも書いてありますが、本を読んだことがないってことは、ベッカム夫妻が発売禁止を求めたアンドリュー・モートンの自伝も中身を読まずに禁止を求めていたってことですか…
当然、ご主人デイビッドが書いた本も、そして自ら書いた本も…凄すぎる。
う~ん、こんなことを言っちゃったら子供のためにはよくないんじゃないかと思ったりしますが…
ポッシュ(posh)じゃなくてタート(tart)に聞こえますよぉ。
そういえば、最近ロミオ君の耳をピアスしちゃってましたね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-08-15 20:25 |  L芸能