<   2005年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
ジョージ・マイケル、ゲイ『挙式』へ
元WHAMのジョージ・マイケルが10年来のパートナーであるケニー・ゴスさん(Kenny Goss 47)と来年早々にもゲイ結婚式を計画中だという。
インタビューでは、「海外ではせずにここでするつもり。ベールとドレスはなしでね。」と語ったという。

エルトン・ジョンの挙式も解禁となる来月が噂されている。

政府は向こう5年間で2万2千組の挙式を見込んでいる。
George Michael to 'marry' partner


ワム大好きだったんですよ。
武道館に見に行っちゃいましたから。
同世代だし。
ウ~ン、時代は変わる…
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-30 17:43 |  L芸能
子供向けの携帯テディフォン
a0005086_1021425.jpgテディベアの形をした子供向けの携帯テディフォンが発売された。
この電話は、4歳児以上を対象に作られ、有害な放射線の放出量が通常の携帯電話の10分の1と安全性を謳うだけでなく、メモリー番号の登録も4件のみできるので通話先が限られて安心だという。

しかし、評論家は9歳以下の子供は携帯を所持するべきではないという。

イギリスでは、4人に一人の子供が既に携帯を所持しているが、多くの人は子供が使用するには安全ではないと考えている。

ある専門家は携帯電話からの放射線は頭蓋骨の薄い成長期の子供の脳の発達に悪影響を与えると心配する。
また、子供達がテキストメッセージでいじめに遭ったり、携帯電話を盗まれるなどの被害に遭うのではないかという声もあがっている。

1,232人の親を対象にアンケートを行ったところ、3分の1が健康面で障害を起こす可能性を心配し、4分の1が子供の携帯が盗難にあう心配をしているという。
Teddy phone launched for kids


4歳の子に携帯電話なんて、必要ないでしょ???
だって、一人でお留守番なんてさせたのが見つかった日には、子供が里親送りになっちゃうから、子供が電話する時には、かならず誰か一緒にいるわけで、そう考えたら持つ意味ない…
使い道として考えられるのは、ベビーシッターと一緒にいる時に仕事中の親と話すくらいじゃないのかな。
でも、クリスマスプレゼントに買う親がいるんだろうなあ。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-30 09:55 |  LOdds
ロマンティックな恋は一年の命
陶酔感や相手に依存するといった恋愛初期の『ロマンティックな感情』に関連のある脳内物質ニューロトロフィンの量は、恋愛期間が長くなると少なくなるという研究結果がイタリア、パヴィア大より発表された。

ニューロトロフィンは、手が汗ばんだり胸がドキドキするといった恋愛感情の現れの原因となるたんぱく質。
今回の調査では、18歳から31歳までの最近恋愛関係になった人、恋愛期間が長い人、相手がいないシングル、それぞれのグループの血中のニューロトロフィンの量を測定したところ、最近恋愛関係になった人が最も多く、また、一年を越えた頃に正常値に戻るという。

レポートの共著者、ポリッティ博士は「愛情がなくなったのではなく、激しい感情がなくなっただけで安定した愛へと移行するのだ」という。
Romantic love 'lasts just a year'


移り気な恋多き女なのは、たんぱく質のせいなんです。
責めないで下さいな(笑


あ、全然恋多くないですから。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-30 08:39 |  LOdds
Toffee Nut Latte
お休み中にもブログヘ遊びに来てくださってありがとうございます。

やっと、一段落つきました。

嬉しい~
こんな時は、自分にご褒美をあげないと。
(そんなことを言っていたら、年中自分に褒美を与えていることになりますが、それは言わないや・く・そ・く。)

というわけで、ちょっと足を延ばしてスタバにお茶してきました。

クリスマス限定トフィー・ナット・ラテToffee Nut Latteです。
a0005086_6401065.jpg

スタバUKのHPによると
Our classic Caffe Latte with a twist of sweet toffee nut, topped with whipped cream and dusting of toffee sprinkles.
ホイップクリームにトフィーですから。
ん~いかにもカロリー高そうですが、やるときはとことんやりたいのでブルーベリーマフィンまでつけてみました。

味は、ものすごく甘い!!!
まあ、名前からして当然ですが、クリームも胃に重く、最後まで飲むのはきつかったです。

でも、同時発売中のクリスマス限定の
ジンジャーブレッドラテはいいとして、
エッグノッグラテは味を想像しただけで却下。
たまご酒味のコーヒーですもの…

チャレンジャー求む?

安い人間ですもの
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-30 06:31 |  L英国食事情
ムダ使い
先週、レクサムヘ行った時に、勢いでキーホルダーを買ったら大きな紙袋に入れてくれました。

a0005086_8112248.jpg


イギリスではTVライセンスというものを払うんですね。
日本のNHKの受信料と同じで、要は、BBCの維持費。
BBCのTV画像が受信できるもの全てが対象で、TVがなくてもビデオがあるだけで受信料を払わないといけないのです。たまにTVライセンスを払わないで見ている家を調べる車を見る事がありますが、実際に未払いで簡易裁判に持ち込まれた人も知っていますから馬鹿にできません。

まあ、それは置いておいて、

ライセンスは決して安くはないのに、こういう紙袋とかも結局ライセンスでまかなわれているんだろうな、と思うとちょっといい加減にしてよ、って思います。
というか、BBC内で行われているチャリティだから、募金から成り立つ部分とライセンス代で賄われている部分の線引きが微妙かもしれません。
日本で批判が飛んでいるホワイトバンドもそうだけど、お金の細かい使い道なんて、実情はどこもあまり大差ないかもしれません。
だから、BBCのにしても募金金額のほんの僅かしか患者へは使われず、こんな大きな紙袋と化してしまっても、あまり細かいことは言わない、言わない。

なんて書きながら、ちょっとチェック。
ライセンス代月額10ポンド80ペンス(月払い、銀行自動引き落としでないと、実際にはもうちょっと高い)とすると、
BBC Oneに使われる金額が3.60ポンド
BBC Twoが 1.47ポンド
デジタル波に1.02ポンドなのだとか。

とまあ、個人的には、どう考えても地上波のBBC One とTwoで月額5ポンド分も見ていないと思うんだけど、クオリティを考えるとしょうがないか、というところでしょうか。

TVを見ない代わり、ではないのですが、ブログの記事を書くのに欠かせないbbc.co.ukに使われるライセンス代は35ペンス。とてもお徳感があります。
それに、大きな声では言えませんが、一番メインに使っているメルアドもBBCのフリーメールだったりしますもの。

感覚的には、募金は子供に小遣いを与えるようなもの、位の気持ちがないとだめですね。
ちょっと位変なものを買ったり、無駄遣いしていても見守ってあげましょうよ。

なんか、ちょっと話題がずれましたね。



このところ、師走が前倒しになったような日々を送っています。
せっかく頂いたコメントもすぐにお返事できない状況ですので、落ち着くまでしばらくコメント欄を閉じます。ごめんなさい。

それでは、また。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-26 09:17 | 私の毎日
イギリス人はパブからも離れている?
イギリスといえば、なんといってもパブの国。
どんな田舎でもパブはあるし、道を尋ねれば、まず、パブが目印になるというお国柄なのですが、時代は飲まない方向へ来ているようで。

TGIが行った調査によると1987年には成人の17%が週に2度以上パブへ行っていたのに対し、今では12%(550万人)に落ち込んでいるという。
18歳から24歳までの年齢層でも、同様に過去18年間で18%から11%に減っていて、その原因として、飲酒運転を社会的に容認しなくなってきているのと、宗教上の理由で飲まなくなってきている人が増えてきているなどの理由が挙げられるという。

ところが、パブでの男女比は1987年で64%対36%だったのに対し、現在では58%対42%と女性がパブに通う割合は増えてきているという。
'Fewer' people visiting the pub


今回法が改正され、許可が下りればパブを24時間営業して良いことになったんですよ。実際に11時以降の営業を届けているパブは全体から見るとそれ程でもなくて、リバプールだと、マシューストリートに集中しているんですね。(キャヴァーン・クラブがあるところ)だから、法が変わっても観光地に行かないと夜遅くまでは飲めないかも。
あと、女性がパブに行くようになったのは、Weatherspoons のような小ぎれいなパブのチェーン店がたくさん出てきたからじゃないかな、なんて思います。
やっぱり、ご飯はパブ飯の方がレストランよりも、かなり割安ですものね。

前回にもイギリス人の紅茶離れの記事を書いたけど、典型的なイギリス人像というのは、もうないのかもしれませんね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-23 22:50 |  LOdds
グーグルのホリデー・ロゴ
私が使っているPCにもGoogle Barを入れたほど、毎日お世話になっているグーグル。

日によって検索窓の上のロゴにイラストが加わっていて、ああ、そうか、今日はセント・パトリックデーなのね、なんて気がつく事がしょっちゅうあります。ちょっとした遊び心がいいですよね。

このイラストを描いている人がBBCに載っていたので思わず読んだのですが、描いているのはプロのイラストレーターではなくて、Googleのウェッブマスターなんですって。

デニス・ホワンさん(27)は、2000年から一人で全てのホリデーロゴを描いているそうで、その数は年間約50枚。昼はウエッブ・マスターとしてプログラミングをし、夜にイラストを描くのだとか。
世界中で多くの人が見ているということは「考えないようにしている」のだそう。
ほとんどのロゴは、スイス・ナショナルデー、ペルシャン・ニュー・イヤーといったその国独特の記念日のため、私たちが見る機会は彼が描いたイラストのほんの一部だといいます。

Holiday Logos and Events -- Google style!2000年の七五三もあった!
Google doodler draws attentionタイトルがグーですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-21 04:21 | 私の毎日
カフェイン抜きコーヒーは、身体に悪い
米・国立衛生研究所の研究によると、カフェイン抜きのコーヒーは健康にはよくないという結果が出た。
研究では、カフェイン抜きのコーヒーを一日3杯から6杯飲む人、従来のカフェイン入りのコーヒーを飲む人、そしてコーヒーを全く飲まないグループで、それぞれの血圧、血液中のカフェイン量とコレステロール値をはかった。
それによると、カフェイン抜きの方でコレステロールの原因となる血液中の脂肪酸が18%上昇。カフェイン入りとコーヒーを飲まないグループでは、脂肪酸の上昇は見られなかったという。同様にコレステロール(apolipoprotein B)値も、他のグループには変化が見られなかったのに対し、カフェイン抜きコーヒーでは8%上昇した。
一日一杯程度ならあまり影響はないだろうという。

2つ目のコーヒーに関する研究は、デンマークAarhus大が1996年から2002年にかけて8万8千人以上の女性を対象に行ったコーヒーを飲む量と流産に関する調査。
一日にコーヒーを8杯以上飲むと回答した約3% (3,018人)のグループで流産の数が最も多かったという。
以前から、紅茶やコーラと流産の関係が言われていたが、今回の調査では、カフェインが流産の原因となるのではなく、コーヒーに含まれた物質に起因するのではないかという。

英・食品基準庁では、妊娠中は一日300mg以上のカフェイン(コーヒーで3杯、コーラで6杯)を摂取しないよう呼びかけている。
Decaf coffee linked to heart risk


今も片手に淹れたてのコーヒーを持ちながら書いている私としては、ちょっとショック。
Decaf=ディカフと呼んでいるカフェイン抜きコーヒーは、このところ人気が出てきて、ちょっぴり『おしゃれ』なイメージまであったのに、コレステロール値が上がるなんて、とんでもない…
個人的には、カフェインが入っていないとダメなんです。身体が分かるんですよ、おい、カフェインないぞって。
それから、妊娠中のカフェインも要注意なんですね。自分の時は、コーヒーが全く飲めなくなったので、量を減らすも何もありませんでしたが、これも、もしかすると身体が悪いものを自然と拒否していたのかもしれませんね。
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-20 20:39 | 英国ニュース
Parti Pudsey
木曜の午後に、職場の所長から、これ、息子さんと行っておいでよ
と頂いたチケット。
BBC Children In Needのチケットです。
これは、毎年BBCが主催する、恵まれない子供たちへのチャリティで、TVでも特別番組のテレソンが行われます。で、このチケットはウェールズ会場のコンサートの招待券なのです。

よく見ると分かりますが、二ヶ国語表記です。
…ウエールズ語です。
a0005086_3493471.jpg
一体このチケットどこから入手したんですか???
「ああ、BBCが送ってきたの。バンドがたくさん出るんだけど、野外だか屋内だか分からないのよお」
野外だったら、内陸の町、レクサムは寒くてたまりません。
でも、職場命令のような雰囲気が流れたので、親子で行くことに。

レクサムへは車で一時間程で行けるのですが、年に一度行くかどうかというところ。正直言って得意じゃありません。
チケットにあるLlwyn Isafが、住所なのか建物の名前なのか分からないのでいきなり迷子に。ウェールズ語が分かれば、せめて勘を働かせられるのに。
30分ほど市街をグルグルと廻り、人に尋ねながら何とか到着。
ネットで調べた場所と違う…どうも着かないわけだ。
a0005086_4114088.jpg

ちょっとした、移動遊園地も出ていて、気分はお祭り。

それにしても、寒い~
マイナス2度ですから。
あったか~いミルクティを補給しましたが、足元が凍てつく寒さなので一箇所にじっとはできません。
a0005086_4125329.jpg

テキサスの演奏中。
このバンドはレクサム中継のトリでした。

そして、最後は花火。
通りで消防車が何台も外に待機していたわけです。
一瞬、消防署か?と思ったほどでしたよ。
a0005086_4163036.jpg

家で暖かくして見るのが一番だったりして。
冬の夜の野外コンサートは、体力勝負ですよね。
(途中で甘いものが欲しくなりましたから)
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-20 04:30 | 私の毎日
小さな恋のメロディと口腔がん
イギリスではこのところ口腔癌が増えてきているとか。
喫煙する人、お酒を飲む人は要注意だそうです。

a0005086_16212425.jpg…という、口腔癌の早期発見を呼びかけるニュースに出ていたのが、あの懐かしいジャック・ワイルド。
その彼が口腔癌になったそうで、舌と声帯を切除しているんです。
唯一の自覚症状は、耳が痛かったことで、飛行機での移動が多かった為に、忙しかったのが原因じゃないかと思っていたそうです。


a0005086_16202591.jpgジャック・ワイルドといえば、思い浮かぶのが71年の『小さな恋のメロディ』。
いかにもいたずらっ子という感じの役が上手かったですね。
『オリバー』では映画版、舞台版共に出演、天才子役と言われていたんですよね。


ふと、時代の流れを感じましたよ。
'My lifestyle caused my mouth cancer'
[PR]
by lisalisa9 | 2005-11-18 16:00 |  L芸能