<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
面白く聞こえる訛りは?
アバディーン大学で4千人に対し、同じジョークを異なる訛りで話して面白かったところはどこか調査したところ、バーミンガム訛りが面白いと感じた人が最も多かったという結果が出た。

最も多かったのがブルミー(Brummieバーミンガム訛り)で20.8%が面白く聞こえたと答え、
2位がスカウス(Scouseリバプール訛り)の15.8%
3位がジョーディ(Geordieニューカッスル訛り)14.3%

上記の3つの訛りは同様に頭が悪そうに聞こえる訛りの上位でもある。
Brum's a big joke


イギリス人の場合は、頭が悪そうに聞こえると面白く感じるってことなんですね。
個人的にはピーター・ケイのランカシャー訛りなんて好きです。
ウォレスとグルミットもランカシャーだったっけ。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-21 23:54 |  LOdds
アラビア語を喋り挙動不審?の2人が搭乗拒否される
23日の早朝スペインのマラガでマンチェスターに向かう航空機に挙動不審の中東アジア人が2人いるとの口コミが広がり、搭乗を拒否する乗客が続出。
機長も出発を拒否したために、2人の男性は空港で取り調べを受けるという事件が起こった。

モナーク航空に搭乗予定だった中東アジア系の男性2人がラウンジで搭乗を待っていた時、近くにいた20代のイギリス人男性がアラビア語を話すのを聞き、革のジャケットを着て気にするように何度も腕時計を見ていたため不審に思ったという。
そのうちに、待合室中に口コミで挙動不審のアジア人の二人組の噂が流れ、女性客が、「気になる言葉」を話していたとスタッフに通報したという。
搭乗開始になっても搭乗を拒否する乗客が続出し、機長は空港警備員に通報。
2人は飛行機から降ろされ機内も調べたが異常は見られず、男性2人も後の便でマンチェスターに向かったという。

マラガのシビル・ガードの広報官は「彼らは外見とアラビア語を話していたという理由で疑われたのです。機長は2人が降機しない限り出発を拒否したため今回の事件がおきました」と語る。

操縦士やキャビンクルーが利用する掲示板には、今回のような人種差別による事件が起きているという書き込みがあるという。
最近、スペインからイギリスへ向かう便で、セキュリティチェックを二度クリアしたにも関わらず、ひげ姿のイスラム宗徒と同乗するのを嫌がった母子がいたという。
Mutiny as passengers refuse to fly until Asians are removed


こういう人種差別には、腹が立ちますね。見た目が中東アジアでアラビア語を使うからというだけで既にマークされてるわけですから。

いつもは自分は人種差別なんてしないよと思っていても、今回のような環境下に置かれると潜在的なものが表面化するのではないでしょうか。
どれだけ無意識のうちに自分が差別をしているかが分かるってことですね。

これが、中東の都市発の便なら何の疑いを持たないのでしょうから馬鹿馬鹿しい。
革のジャケットだって、暑い国に住む人程長袖を着るんです。ちょっと暑くなると上半身裸になるようなイギリス人のメンタリティでは理解しにくいと思いますが、何かあるごとに「テロか?」みたいに煽られているようでは、それこそテロリストの思うつぼ。

今回のモナーク航空は先日ガトウィックで男の子が旅券無しでセキュリティを通っちゃった航空会社ですね。1週間のうちに2度目の失態はちょっとまずいんじゃないかな。
使わないようにメモしておこう...

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-20 23:15 | 英国ニュース
ネオ・ナチがヒトラーの虫を絶滅に追いこむ
ネオ・ナチ支持者の間でヒトラーの名前が付けられた盲目の甲虫Anophtalmus hitleriを飼育することが白熱している。
一匹680ポンド(14万8千円)もの高値で売買されるこの甲虫はeyeless Hitler(目無しのヒトラー)とも呼ばれ、ミュンヘン動物園にあったほとんどのeyeless Hitlerも盗まれたという。
この虫は湿度が高い洞窟に生息するが、現在のところ生息が確認できているのはスロベニアの5ヶ所の洞窟のみで、ネオ・ナチ支持者が生息地を荒らし乱獲するために種は絶滅の危機にあるという。

Nazi fanatics killing off Hitler's special beetle


WikipediaのAnophthalmus hitleriのページ(英語)
日本語のページがないから、編集するなら今かも。
画像もほとんど出回っていないんですね。それほど希少価値なのかもしれません。
ヒトラーの名前を授かってしまったばっかりに絶滅の危機にさらされるなんて、虫にしてみればいい迷惑...

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-20 16:20 |  LOdds
一杯16万円のカクテルで乾杯
ベルファストに新しくオープンしたマーチャントホテルでは、世界一高価なカクテルが供されていてギネスブックに申請中だという。

世界一高価なカクテル、タイマイは一杯が750ポンド(16万3千円)でベースに17年物のWray and Nephewのラム酒を使い新鮮なライムジュースとオランダ産オレンジキュラソーとフランス産オルゲートを合わせたもの。
17年物のWray and Nephewのラム酒は年間で世界に6本しか出ていないレア物なのだという。

Cheers... mine's a £750 cocktail


個人的にはお酒は飲まないので(少なくとも家では)高いなー、もったいないなーなんて思うのですが。
前回買ったラム酒は全然飲まないまま、調理酒となってしまいましたよ。レーズン漬けてます。

それにしても、ポンド高いっ!

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-18 10:10 |  LOdds
空港警備の穴をつく子供達
先日もマージーサイド州の施設にいた12歳の男児がガトウィック空港まで行って、旅券・航空券がないにもかかわらず、全てのセキュリティを通り搭乗寸前のところを保護された事件があったばかりですが、また同様の事件が起こりました。

今度はリバプールのジョンレノン空港。
パスポートはあったものの搭乗券がないままアイルランド行きの飛行機に搭乗してしまったのだとか。
Boy allowed on plane without pass

それも、起こったのは先週の木曜日。
空港関係者は、「単なる事務手続きのミスで、セキュリティ上には問題ないので大丈夫ですから。大人の後ろに続かれると家族だと思って見過ごしやすいんですよ。」なんて地元のラジオニュースのインタビューで答えていて、それは、ちょっと甘いんじゃないの?なんて思いましたよ。
子供は疑われにくいだけに、悪用される危険性だってあるのですから。

こんな穴だらけのユルユル警備のくせに手荷物の規制は14日の発表からそのまま変わらずの最小限レベル...

最初の記事に戻りますが、ガトウィックに行った男の子、本気で家出したかったんじゃないでしょうかね。
普通なら単にロンドン市街地を目指すところですが、ガトウィックというところが珍しいかも。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-17 10:23 | 英国ニュース
ボーイジョージ、NY清掃中
元・カルチャークラブのボーイジョージが昨年10月、ニューヨークに滞在中に空き巣に入られたと警察に被害届けを出したところ、アパートから少量のコカインが発見されて逮捕された事件、覚えている人いるかな。

イギリスに比べて麻薬に厳しいアメリカ。
懲役の実刑判決もありえるということだったんだけど、今年3月にボーイジョージが有罪を認めたため、罰金を支払うように命じられていました。

ところが、そんなのカッコ悪いですから、麻薬中毒患者の救済コンサートをしたいと申し出たところ裁判官は却下。

面白くないボーイジョージは罰金の支払いを無視していたんですね。

で、プツッときた裁判官が許さんと5日間のコミュニティサービスの刑を言い渡し、今日がその一日目だったのです。

と、前置きが長くなりましたが、その写真です。

ニューヨークのチャイナタウンを掃き掃除だそうで。


でも、こんなにレポーターがいたら掃除の邪魔ですって。
そういうわけで、30分ほどで柵の内側を掃除する事に。

箒の持ち方がなってませんよ。
自分で掃除した事ないんでしょ。

やっぱり、慣れない事をやってレポーターが鈴なりになるよりも彼が言う通りにチャリティコンサートをした方がよっぽど社会に貢献したと思うんですけど。
だって、コミュニティサービスをさせるのは辱めを与えるのが目的じゃないんだもの。あくまでもコミュニティへのサービス、でしょ?

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-15 08:41 |  L芸能
英・航空機爆破計画に伴う手荷物規制の最新情報
英・航空機爆破計画に伴う手荷物規制の最新情報です

英・運輸省がテロの危機レベルをcritical からsevereへ一段階下げたと発表した事を受けて14日からイギリス国内の空港で、手荷物の規制が若干緩和されました。

(変更となった部分や前回の補足部分を緑色で示しています )

一人につき、手荷物を一つだけ機内持ち込みにすることができます。
大きさは最大で縦45 cm 横35 cm 高さ16 cm(ローラーやハンドル、ポケットを含めた大きさ)
ハンドバッグも一つと数え、例外を認めません。


全ての持ち物はX線検査を受けます。時間短縮のためにも持ち込むものは必要最低限に抑えてください。

液体はいかなる種類も認めません。
例外は、
 ・処方された医薬品と糖尿病のキットなど搭乗中に必要となる可能性のある医療品。
 液状の薬品については本物と確認できる状態のもののみ持ち込み可能
 ・ミルクやベビーフード(保護者が検査官の前で試食すること。)

*液体に含まれるものには、ヘアジェル、歯磨き粉、洗顔ローションやクリーム、口紅、缶入り飲料、シェービングフォーム、スプレー(デオドラントや香水)スープ、シロップ、ジェルペン、ジェル入りブラジャーなどでこれらは全て持ち込み禁止です。

同様に液体を入れることができるプラスチック容器や水筒もスーツケースに入れ、手荷物にはしないこと。


・ノートPCやヘアドライヤー等はスーツケースに入れること。
・乳母車と歩行用器具はX線検査にかけること。
・車椅子は、係員による検査を受けること。
・全ての靴はX線検査にかけること。


実は、今回の措置、The Department of Transportの公式発表にあるように、即時施行扱いだったんですね。ところがヒースロー空港だけまた出遅れ...規模が大きいのは分かるけど、どうしてここだけいつまでもトラぶっているのでしょう?
マンチェスターなんて昨日から緩和していたなんてニュースで言っていて、同じ国内の空港でもこんなに差があるものなのとちょっと驚きです。
ヒースロー発着の短距離便はBAを中心にかなりの欠航が出ているんですけど、これは短距離便はチェックインタイムが短いから。
飛行機もクルーも準備OKなのに乗客のチェックインの検査が間に合わないのだそう。
それなら国際便並みに早く来れば、とも思うけど、ロンドン-マンチェスターは車で3時間ちょっと、電車で2時間半ですから、飛行機使う意味がなくなりますね。
チェックインを長くするのも短くするのも私たち乗客なのですから、家を出る前に荷物はまとめましょうね。

それから、手荷物が最小限しか持ち込めなかった時は、スーツケースに手荷物の重さとしてプラス5kg入れても良かったそうですが、今回はどうなるのでしょう?
どちらにしても、手荷物は誰もが5kgは軽く超えるでしょうから、普段と比べると持ち込める量はかなり少なくなりますね。
友人は座椅子とか炊飯器とか機内持ち込みにしていましたけど、そんなの無理ですって。


この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-14 23:45 | 英国ニュース
結婚経験がないと若く死ぬ?
カリフォルニア大学が1989年から1997年にかけて6万7千人のアメリカ人を調査したところ、未婚者は結婚経験がある人よりも若く死ぬことが分かった。
特に19歳から44歳の男性では未婚男性の死亡率が2倍だった。

89年の調査では、
・結婚経験がない人の死亡率は既婚者と比べ 58%増
・死別者は 40%増
・離婚や別居者は27%増だった

独身男性は既婚者に比べわずかながら喫煙者が多いものの、肥満が少なく運動も多く行い、飲酒する人が少なかった。死亡原因は世代によって違うが、それにもかかわらず未婚の男性の死亡率が高かったのは社会的に孤立しやすいためにサポートの輪からすり抜けてしまう可能性が高いからだという。

結婚経験がない男性の死亡原因にはHIVなどの感染症が多く見られたという。


独身男性の死因にHIVが多いってのはアメリカだからかしら、とも思いますが。
仲のいいご老人夫婦が手をつないで散歩をする姿を見ると、はぁ~素敵だなあとため息をつきます。こういう関係だから長生きするんだな。

独身といえば、知人にすごくモテた人がいて(ぁ、過去形にしちゃったよ)若い頃に遊んでしまったので全く結婚する気がないよ、という人がいます。
そういえば、今考えると私の叔父もこのパターンだったんだな。
女性の場合はまた違うんだろうな。体内時計が刻々と時を刻んでいるわけだし。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-13 20:43 |  LOdds
ろくにコンドームを使えない若者達
サザンプトン大学がイングランドに住む16歳から18歳のティーン1400人に性についてのアンケートをした結果、ろくにコンドームも使えない若者がいたという。

それによると、約半数がセックスの経験があると答え、そのうちの373人が最近コンドームを使用。 6%はつけるのが遅すぎ、 6%が外すのが早すぎたと回答した。
約100人に対し向こう6ヶ月間日記をつけさせたところコンドームを使用した74人のうち31%は挿入後に着用、10%は外すのが早すぎたことが一回以上あったと答えた。

コンドームを使う理由の多くは「避妊のため」「汚さないため」などで「性病予防のため」と答えたのはわずかだったという。

10代のはじめに母親とオープンに性の話ができる男子の方がコンドームを正確に着用することからも親の役割の重要さが指摘されている。Teenagers 'using condoms wrongly'


「外すのが早すぎる」という一文が気になるのですが、これって「外れちゃう」ってことじゃないかと?
でもプライドがあるから『外す』ということにして置いてあげましょう。

この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-11 23:30 |  LOdds
英・航空機爆破計画に伴う手荷物規制情報
*14日の最新版はこちら*

既にあちこちでニュースになっていますが、10日未明に米国3社の航空機を爆破させるテロを未然に防いだ事件がありました。
それに関し、現在、イギリス発着の航空機の搭乗の際のセキュリティチェックの強化と機内持ち込みの荷物の規制がひかれています。

主犯格は逮捕したと発表がありましたが、サブ計画、バックアップ計画の存在もあり得るとのことで機内持ち込みの規制は数日続くだろうといわれています。

ここ数日中にイギリスへ行く人、乗り換えをする人はできる限り手荷物を持たずに行かれる事をお勧めします。
また、出発前には旅行代理店へ連絡して最新情報を入手するようにしてください。

今日10日時点で機内持ち込みが許可されているものは以下の通りです。
(これだけしか持ち込めないので注意!!ノートPC、デジタルカメラ、携帯電話、iPod、ゲーム機は機内持ち込み不可のため、スーツケースに入れてチェックイン時に預ける必要があります。)

・ポケットサイズの財布と金銭やカード等の中身。ハンドバックは不可。

・旅券及び航空券等、旅行に必要な書類

・処方された医薬品と糖尿病のキットなど搭乗中に必要となる可能性のある医療品。
液状の薬品については本物と確認できる状態のもののみ持ち込み可能
おそらく開封してあったらダメだと思います。これも、係員の前で味見をするそうです)

・眼鏡とサングラス。ケースは不可

・コンタクトレンズの容器。保存液の持ち込みは不可

・乳幼児と共に旅行する場合、ミルクやベビーフードは保護者が検査官の前で試食すること。紙おむつやオムツ交換に必要なものの持込は可。

・女性用生理用品は箱から出した状態でのみ機内持ち込み可

・ティッシュ(箱から出す)ハンカチ

・鍵は持ち込み可だがリモコン付きの鍵は不可(車の鍵)

これらは透明なポリ袋に入れ、外から見える状態で持ち込みをします。

全ての搭乗客は、係員がついてボディサーチをし、また、持ち物は全てX線検査にかけられます。
アメリカ行きの乗客は、搭乗前に2度目の検査を受けなくてはなりません。

チェックイン後の飲食は可能ですがアメリカ行きの便へ搭乗する人は、機内への飲み物の持ち込みはできません。




フライトに大幅の遅れやキャンセルがでているものの、乗客は協力的だとのこと。

ターゲットがアメリカの航空会社のため、その3社とBA(英国航空)は規制が最後まで残ると思いますが、その他の会社は徐々にセキュリティを弱めていくのではないかと思います。

朝、地元のラジオでは、「早めに家を出て並びましょう。空港職員は貴方の安全を第一に考えてできる限りのことをしているのですから、長時間待たされても係員に不満をぶつけないようにしましょう」と呼びかけていてちょっと感動しました。
その通りなんですけどね、忘れがちな発想です。
こんなところにもイギリスの打たれ強いところが現れていると思います。


11日午後1時(英国時間)追記:
デイリーミラー紙によると、今回のターゲットはアメリカの3社、ユナイテッド航空、アメリカン航空、コンチネンタル航空の他に英国航空とヴァージンアトランティック航空もターゲットになっていた可能性があるといいます。
テロリストはヒースロー、ガトウィック、バーミンガムとマンチェスターの4空港からジェット機でニューヨーク、ワシントンDC,マイアミ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ボストン、ミネアポリス行きの便に搭乗。爆破物はミネラルウォーター、缶ジュース、ヘアジェル、哺乳瓶に入れて持ち込み機内で液体と発火装置をあわせるだけなのだとか。
液体の量は100cc程度でジャンボ機を落とすほどのダメージを与える事ができるそうです。
無色の液体というとニトログリセリンを想像しますが、食塩(水)と硫黄を使う爆弾の手口も一般的で搭乗時の持ち物検査が非常に難しいのだそうです。

透明ビニール袋はTVのニュースでは少なくとも数週間は続けるのではないかとも言っています。もっとも、BAAのスポークスマンは、9.11の時も割と早く正常に戻ったので、今回も早く正常に戻るのではないかとのコメントをしています。
この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース
[PR]
by lisalisa9 | 2006-08-11 06:33 | 英国ニュース