<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ブロンテ姉妹の生地が競売へ
嵐が丘、ジェーンエアの名作で知られるブロンテ姉妹の生誕した家が競売にかけられる。

a0005086_3482246.jpgこの家はウェストヨークシャー、ブラッドフォード市内にある家で現在は作家バーバラ・ホワイトヘッドさんが所有している。
ホワイトヘッドさんは、ヨークの家を売りブラッドフォードのブロンテ姉妹の家を購入。姉妹が生まれた当時のジョージアン式に改装した後にブロンテ・バープレース・トラスト(Bronte Birthplace Trust ブロンテ生誕地基金)に売却するのを希望していたが、トラストが宝くじ基金からの寄付を受けられなかったために計画は暗礁に乗っていた。

家は4ベッドルームありブロンテ家が住んでいたのは1815年から1820年の間で提示価格は20万ポンド(約4950万円)となっている。
Bronte birthplace goes for sale


ハワースの方が有名なので行ったことがある人も多いのではないでしょうか?
今回のオークションには世界中から買い手が集まりそうですね。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-06-26 03:52 | 英国ニュース
UKビザ申請却下の理由
そろそろ夏の計画を立てる時期になりました。

ご存知の通り、イギリスに滞在する場合、6ヶ月以内ならビザを必要としませんが、それ以上の滞在だったり観光以外の理由だとビザを申請しないといけません。

また国によっては6ヶ月以内の滞在でもビザが必要でして、そういう国からの申請者に限ってまた審査が妙に厳しく、信じられない理由で拒否されるのだとか。

UKvisasが発表した『ビザ(入国許可証)申請却下の理由』には、そんな信じられない入国管理管の言い訳がたくさん載っています。

例を挙げると:

今まで海外旅行をしたことがない
"you wish to go to the UK for a holiday. You have never previously undertaken any foreign travel before and I can see little reason for this trip".
(英国への休暇を楽しみたいと書いてありますが、今までに海外旅行の経験がない貴方が今回『旅行』する意味が私には見当たりません。)
     誰でも初めての経験があるということを忘れているのか?

観光しか目的でない
"you plan a holiday for no particular purpose other than sightseeing".
(あなたの計画は観光以外にこれといった目的がありません。)
     観光だけの目的じゃだめですか?

計画不足
"little or no idea what you plan to see or do".
(あなたは何を見てどうするのかほとんど何も理解していません。)
     現地で決めたらだめですか?       

町の名前
「休暇を取りたいのです。友人が海の近くに住んでいるので。」という渡航目的に対し
"you have not named any places you will see"
(観光する具体的な場所の名前を挙げていません。)
     友人の家がある町を書いても却下って何よ?
     

久しぶり
「長い間会っていなかったイギリスに住む妹に会うため」という渡航目的に対し
"had not seen her sister for some time"
(妹に長い間会っていなかったので。)
     …だから会いに行くんだってば。

珍しくない
ウガンダに住む人が「一度雪をみたい」との渡航目的に対し
”…there was nothing special in England that we don't have it in Uganda.”
(ウガンダになくイギリスに特別にあるものはありません)
     まさかネッシーを見に行くとは書けないでしょう

荷物が多すぎる
"you have too much luggage"
滞在期間の割に(荷物が多すぎます)
     確かにアメリカ人のスーツケースは巨大だ(笑

名所を知らない"you don't know many of the London landmarks"
(あなたはロンドンの名所をあまり知っていませんね)
     名所に行けばいいってもんじゃないだろうに

他に、観光ビザで入国して2週間の英語学校に入ろうとしたところ却下されたドイツ人のケースもあって意外です。
EU内に住んでいるから素通りだと思っていたのですが、やっぱり厳しいのですね。



厳しいといえば、身近で国外退去になった日本人を知っています。
続きはこちらで
[PR]
by lisalisa9 | 2007-06-25 23:01 | 英国七不思議+α
ルイス・ハミルトンのゴーカート、ネットオークション中
期待の新星ルイス・ハミルトンのゴーカートに乗って、未来のF1ドライバーを夢見て週末を過ごすなんていかが?

ルイスのボーダフォン・マクラレン・メルセデス・カートが英ネットオークションサイトe-bayにてオークション中です。

Lewis Hamilton's Vodafone McLaren Mercedes Kart←e-bayに飛びます。

a0005086_4414920.jpg


今週の木曜日(21日)にロンドンで行われる新ボーダフォン・モーバイル・インターネットの発表会でルイスから手渡されるカートのスペックは

重量:75kg
エンジン出力:22bhp
トップスピード:約 130km/時
JIGA規格に則ったZip kart

落札金は全てチャリティTommy'sに寄付されます。
ビッダーの条件として、予め登録することと21日にロンドンに来られる人となっています。締め切りは英国時間の6月19日火曜日13時45分(日本時間、19日21時45分)
18日20時20分現在の値段が2万6600ポンド(約650万円)、高いのかどうなのか全然分かりません…

そして、ルイスからのメッセージ

これを売る理由は、僕の仕事を優先するために、この先もしばらくは週末遊べないだろうということとボーダフォン・マクラレン・メルセデスがもっと速い車をくれたからね…もしかして、僕が2007年カナダGPで優勝したのをTVで見たかもしれないね!

というわけで、このゴーカートに埃が積もるのを見るよりは、僕と同じくらいレース好きで使ってくれる人の手に渡って欲しいんだ…手放すのはさびしいけどね。

全ての収益金は赤ちゃんのチャリティ、Tommy’sに贈られます。ビッダーのみんな、グッドラック。そして、落札したら21日木曜日にロンドンで会いましょう!

-チアーズ、ルイス



ささ、世のお父様、ルイスのお父さんのように子どもを信じてカートを入札しましょう(笑
[PR]
by lisalisa9 | 2007-06-19 04:43 | 英国ニュース
ロンドン地下鉄の冷房は氷

ロンドンの地下鉄の暑さ解消の新兵器は氷

ロンドン地下鉄が1億5千万ポンド(約358億円)をかけて開発中のハイテク冷房装置は氷を入れた冷蔵庫だ。
座席の下に置かれた冷蔵庫から融けた氷によって冷やされた空気を車内に送りこむこの方法、地上への放射熱を極力抑え温暖化サイクルに拍車をかけることがないよう配慮した上でのデザインになっている。

試験運転は来年度、ピカデリーラインで行われる予定。
For a cooler journey by tube, just add ice under the seat



ロンドンの地下鉄は今までに数回しか乗ったことがないのですが、確かに暑かった(笑
リバプールにも、一応地下になっている部分がありまして、こっちはホームは真夏でも寒いです。Tシャツ一枚だけだと後悔します。
まあ、リバプールの場合、川底を走っている部分が長いので自然の冷蔵庫効果があるのかもしれません。
冷房はあまり必要のない国ではありますが、もうちょっと遊び心のある扇風機とか欲しいもんです。あ、エアコンなんて普通の家じゃ見かけません。2,3日前に家中に冷房を入れるために見積もりをしてもらった人にいろいろ聞いちゃいましたが、全部屋に30cmX30cmのダクトを取り付けて屋外に据え置きの機械が一台、というので日本のエアコンというよりは、ホテルにあるような空調設備なのでしょう。ちなみに3ベッドルームの平屋で、キッチン、バスルーム、リビング&ダイニング、ロフト全てにダクトを取り付けて工費を含むお値段が2000ポンド弱。〈44万円)
もちろん、冬は暖房です。
かなりお得じゃないかと思うのですが、どうでしょう。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-06-08 21:54 | 英国ニュース
人も転がるチーズローリング
伝統のチーズローリング(チーズ転がし大会)が今年もグロースター州のクーパーズヒルで行われました。

3.5kgのダブルグロスターチーズと共に全長200mの急坂を一気にかけ下りるこの競技、cheese rollingですが、チーズを追いかけるのですね、これ。

『チーズと転がる大会』に近いような。

a0005086_3331754.jpg


大会で使用されるチーズは、グロスター州に住むミセス・スマートの手作り。昔ながらの方法で製造されているのは今ではグロスター州でここだけなのだとか。
HPに大会で使用される大きさのフルサイズチーズを売っていますが36ポンド45ペンスって結構なお値段じゃありませんか。
道理で優勝者の賞品なわけです。

それにしても、急勾配ですね。

a0005086_333423.jpg

今までずっと地元のグロスターチーズが使われていたのかというと、そうでもなく、以前はニュージーランド産チーズもあったとか。
第二次世界大戦中と戦後しばらくの間は配給制度があったため、食料省からチーズ使用の特別許可を受けて木枠の中に小さなチーズを入れてレースを行っていたそうです。

今年は5つレースが行われ、第4レースに出場したお笑い芸人さんが2位に入ってましたよ。
a0005086_3341861.jpg


ミヤザワ ダイスケさん、と書いてありましたが、芸能情報は浦島状態なので全然分かりません。ごめんなさい。
宮川大輔さんがイッテQのロケでチャレンジしたそうです。

ご本人のブログはこちら→宮川大輔の365日 ただいま~

まだOAされていないのでネタはばらさないでおきましょう、ってもうバレバレか。
[PR]
by lisalisa9 | 2007-06-01 03:35 | 英国の祭りと大会